ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

海と星野之宣

c0203277_1224262.jpg

THE SEA of FALLEN BEASTS
(滅びし獣たちの海)

(星野之宣・小学館・1,500円)


1996年にスコラから発売されていた、星野之宣の短編集です。今回の再版にあたり、SF短編「環礁にて」を単行本初収録して、全6編の星野SFワールドが展開されています。

原子力潜水艦、捕鯨船、海洋調査船、不沈戦艦、古代都市、宇宙。「海」を中心とした題材に、星野之宣の緻密で大胆な構想力が6冊の本を読んだような(本当にそう思えてしまいます、読後は疲れる)、個別の世界にいざなってくれています。

「宗像教授」シリーズで見せた、伝奇的な語り口や連載当時はまだ現実世界だった、「冷戦」といったところも、今の星野ワールドとは一味も二味も違う楽しみを見せてくれています。

今、1989年に終結した「冷戦」をもう一度見直してみたり、あの時代は何だったのか、世俗風俗に与えた影響は何だったのかを検証されていることがよくあります。終結(変な表現ですが)から22年。今の「安穏とした不安定な混沌世界」ではなく、「2極化された人類消滅危機世界」。どちらがどうということはありませんが、今も当時も、人間は強く生きて、人々は自分、家族、大切な人の幸せを願う世界が続いています。しかし、今と当時との比較で、皆の頭にもたげていたのは、「冷戦」のときは明日死ぬかもしれない恐怖。現代はこの先どうなるかわからない不安。どちらも、生きていくうえでの行動の枕詞みたいなものになっていたと思います。

この作品には冷戦時を直接描いた作品が2編収録されています。あの頃がどんなものか、直接的に知らない世代も増えてきました。昨日の「MASTERキートン」共々、描かれていた時期の直接的な息吹みたいなものを感じるのもいいかもしれませんね。
by manga_do | 2011-08-31 13:42 | マンガ紹介 | Comments(0)

キートンの帰還

c0203277_221710100.jpg

マスターキートン完全版
①②(同時発売)(全12巻順次刊行)
(浦沢直樹・勝鹿北星・長崎尚志・小学館・各1,300円)


<あらすじ>
平賀・キートン・太一は日本と英国のハーフであり、ある時は大学の考古学の講師、ある時は保険の調査員(かなり高額の案件)、それでいて元SAS(イギリス陸軍特殊部隊)所属。高校生の娘(猪熊柔じゃないよ、似てるけど)を持つ「パパ」ながら、今日も危険な「保険」や「探偵業」の依頼を受ける、まだ見ぬ壮大な遺跡を発掘する自分の夢を目指しながら。

長らく版権問題で再版されず、半ば幻の作品になっていたものが、どういった経緯か再版され、完全版として甦ることになりました。ゴホン。

うれし~い!!

そう言ってみなさん叫びますよね、叫ぶよね。こんなテンションあがる日もないのではと思えてしまいます。だって、もう2度と読むことができないのかと思うと、本当に悲しかったんですもの。いやはや、本当にうれしい。さらに、連載当時のカラーも掲載されていて、完全版の面目躍如ですね。

連載当時は1980年代末の冷戦終結直前から冷戦終結後すぐという、歴史の転換点だったわけで、本当に色々なことがあって、色々なルールが変わろうとしていた時代でした。冷戦をいち早く抜け出すもの、冷戦の呪縛から抜けられないもの、国、民族、イデオロギー、思想。今の2011年に巻き起こる今も引きずる諸問題に対しての「始まり」だったと思います。刻々と変わる世界情勢、感情などを克明に記録した歴史書という観点もあると思います、この本は。

当時は良くても、今はダメだったり、その逆だったり。20年の月日は残酷にも「マスターキートン」の世界をただ引き延ばしただけの世界になっているのかもしれません、何も変わっていない、悪化しているという点で。

キートンのキャラクターは、そんな殺伐とした時代にあっても、冷静な機転、持ち前のユーモア、秘めたる熱い思いなど、視点は違いますが、ハードボイルドな世界だったと思います。時代の傍観者であり、それを駆け抜ける力と知恵を持ち、愛を多く持ったキャラクターです。連載終了から今年で17年。このキャラクターとお話が甦るというか、帰ってきたこと自体は全体に特に何ももたらさないかもしれません。しかし、「格好いいということはこういうことだ」の世界をこの2011年にまた見せてくれるのは本当に漫画界の至宝の名にふさわしいですね。

いやらしい話ですが、このマスターキートンを読んで、国際情勢、テロリズム、考古学、軍事的知識などを身につけたという人は多いはずです。私もその端くれだったわけで。色々な人に自慢したりもしましたね。「なあなあ知ってる?」てな感じで。でも、何か所か、あとで調べたら間違ってたよんていうところがあったんですけど・・。訂正されてるんかな?まあ、あくまでも創作ですけんね。またまたいやらしい話ですけど、その辺の間違い探しもゆっくりしてみますかね、へへへへへ~。

とにかくお帰りなさい、キートン。ああ、幸せ。
by manga_do | 2011-08-30 09:07 | 22世紀に残したいマンガ | Comments(0)

マーベルvsDC

c0203277_1121998.jpg

ニューアベンジャーズ:コレクティヴ
(マーベルコミックス・ヴィレッジブックス・3,045円)


c0203277_1122884.jpg

グリーンランタン:シークレット・オリジン
(DCコミックス・ヴィレッジブックス・3,045円)


アメコミ界を代表する2つのレーベル、マーベルとDC。お互い看板コミックやシリーズを多く抱え、世界中に多くのファンを擁しています。スパイダーマンやX-MENなど今までも、そしてこれからも人気であり続けるアメコミ作品がまだまだ出続けます。

そして、それら作品は、多くの映像化作品になり、アメリカのヒーロー、世界のヒーローとして輝きを放っています。今回、その2大レーベルから、この秋にそれぞれ映像化作品が上映されます。マーベルからは「キャプテン・アメリカ」が10/14に上映されます。キャプテン・アメリカは日本での知名度という点ではまだまだですが、アメコミでは真打登場というところでしょうか。ようやく映像化されて楽しみにしている人も多いはずです。今回のアメコミもこれでもかというくらい登場人物が多いです。もし実在するなら控室とかはどうなるのかなと変なこと考えてしまいますね。「あれ、そのヘルメット格好いいやん」「ヘルメットちゃうよ、元々やよ」とかです。

「グリーンランタン」も楽しみなキャラクターですよね。こちらはもうすぐ9/10に上映されます。今回のアメコミは「グリーン・ランタン」誕生秘話。なぜグリーン・ランタンになったのかを、また違った視点で、今回また新たに描きなおされて、現代風なアレンジが施されています。いわば、エピソード0みたいな扱いになるのでしょうか。

アメコミの魅力とは何か、美麗な色使い、複雑なエピソードなどがありますが、私は一言「登場人物たちの苦悩、葛藤」じゃないでしょうか。自分のこと、家族友人のこと、パートナー、はたまた世界人類全体。善と悪の表裏に悩み苦しむ姿は、ヒーローの本質以上のものを私たちに訴えかけてきます。映像化されても、まずそこが大きく取り上げられています。ヒーローであり、人間。ヒーローであるが故の悩みや孤独をいつもいつも読んでいて感じます。その先にある感動も一緒にして。
by manga_do | 2011-08-29 11:32 | アメコミが世界一いいいい | Comments(0)

アニメ化と聞いて冷静ではいられねえ

c0203277_10163617.jpg

機動戦士ガンダム the ORIGIN
(現在22巻まで刊行中・連載は終了)
(安彦良和・角川書店・588円)


機動戦士ガンダムがテレビ放映されて20数年たった2000年代初頭、当時の設定やストーリー構成では無理があったり、今ほど神格化される人気なく、外部からの圧迫などで本当に作りたかった「ガンダム」ができなかった当時と違い、真のガンダムとは何かを作っていったのが本作です。キャラクターデザインの安彦良和がマンガを描きはや10年。連載では完結を迎え、コミックスももう多くても2巻ぐらいで完結を迎えます。

そんなときに飛び込んできたのが「機動戦士ガンダムthe ORIGIN」アニメ化の情報。昔のガンダム、通称ファーストガンダムを踏襲しつつ、現代語訳とも言うべき、改変、進化を見せた「the ORIGIN」をアニメ化ということで、真の完結、本当のガンダムを見せつけようとしています。

ファーストガンダムから今年で32年。映像の進化による見せ方の違いや作品に込めるメッセージの違いや昔できなかったことの挑戦など、とにかくいろいろなものがこもったものになるでしょうが、今の22巻まで出ているコミックを読めば、その意味やファンの叫びみたいな欲求は最高潮に達しています。その意味でも、今回のアニメ化はいつかはする必然だったと思います。

アセンスアメリカ村店にガンダムコーナーをいつまでも置き続けていた甲斐がありましたよ。

今月の「ガンダムエース10月号」に詳報が

c0203277_11261365.jpg

by manga_do | 2011-08-28 11:27 | マンガ紹介 | Comments(0)

あれ、もう終わり

c0203277_12555896.jpg

永田町ワールドフェイマス

(北沢バンビ・集英社・440円)


<あらすじ>ひょんなことで国会議員になった、派遣切りにあった経験のある佐藤春香は、最初は給料が格段に良い国会議員という「職業」に従事するだけだったのだが、シングルマザーになったことが影響で行方不明になってしまった妹のため、今問題になっている「待機児童」のために素人国会議員・佐藤春香の挑戦が始まる。

すごく面白くて、きれいな絵であるのに、この2巻をもって完結となってしまいました。とても残念です。ポルコ・ロッソの「「いい奴はみな死ぬ」というのが浮かびます。

「政治」「国会議員」「庶民感覚」「労働環境」「育児」。今、皆が苦しみ、取り組んでいく問題ですが、中々光明が見えません。誰かが悪くて、誰かが良いという問題だけでなく、結果的に苦しむのは普通の人たちであったり、子供たちです。それを何も知らないが、現実問題を目の当たりにして「感じた」、国会議員佐藤春香のしがらみのない真の言葉になったのでしょうね。市民目線、庶民感覚でだけでなく、文句を言うばかりではなく、感じたことをできるところからやっていく。そんな当たり前のことがこのマンガには描かれています。確かにマンガの中だけかもしれませんが、マンガに描かれていることも「今、そこにあること」なのかもしれません。

この作者、北沢バンビのツイッターがオモシロイです。漫画家さんのツイッターを色々拝見しているのですが、タイプ的に3つに分かれると思います。1つめは時折通信派。2つめは真面目に製作中継や刊行物の紹介。3つ目は「漫画家さんですよね?」と聞きたくなるぐらい、マンガのことを書いていなくて、書いていたとしても「追い込み大変だった~」とかぐらいです。ですが、皆さんも分かる通り、真に面白いのは3つ目のパターンですよね。変にイベントや仕事がらみでのツテがあったり、「作品の肥やしですよね、その遊び?」といった面白記事も書かれています。この北沢バンビのツイートも、そういった意味でも優等生ではないでしょうか。
by manga_do | 2011-08-26 13:48 | マンガ紹介 | Comments(0)

日産サニーのこと?

c0203277_1115144.jpg

SUNNY

(コミックIKKI連載中)
(松本大洋・小学館・通常版8/30発売950円・ヨーヨー付き限定版先行発売中1,850円)


<あらすじ>
星の子学園――様々な事情を持つ子供たちが、親と離れて暮らす場所。陽光が燦々と降り注ぐ園の片隅に放置されたポンコツサニー。其処は彼らの遊び場であり、彼らの教室だった。『鉄コン筋クリート』『ピンポン』『GOGOモンスター』――未来、スポーツ、異界…あらゆる世界で、その体と心を躍動させる少年たちを描き続けてきた松本大洋が、自らの少年期に思いをはせつつ、その最高峰を目指す渾身の作品!!(コミックIKKIのサイトより)

久しぶりの松本大洋の新刊です。今回は通常版が8/30発売、ヨーヨー付き限定版が先行して8/25発売となりました。ヨーヨー付き?確かにあまりないパターンですね。今回、先行発売された限定版は数も少なく、最初から梱包されているバージョンなので、内容もどんなヨーヨーなのかもわからずじまいで、不思議なベールに包まれています。しかし、あらすじだけを読んで、松本大洋の世界に浸ってみたい、ヨーヨーしてみたいと思いますね(できたかな、ヨーヨー?)
ちなみにこれが同梱のヨーヨーです。
c0203277_11123112.jpg

かなり本格的なやつですね。さらにできるか自信がなくなってきましたよ。まあ、売り切れ確実なものなので、是非お急ぎください。当店でもまだ在庫していますので。

c0203277_11143469.jpg


今回のイメージボードを見て、この人は本当に子供の良いところと素晴らしいところと未熟なところと未来を描くのがうまいなと感じます。この1枚の絵でお話しが始まってしまっていますもん。
by manga_do | 2011-08-25 11:19 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)

音躍るマンガ

c0203277_10415020.jpg

ミュジコフィリア

(漫画アクション連載中)
(さそうあきら・双葉社・800円)


<あらすじ>
舞台は京都。京都芸術大学(架空)の美術学部に入学した、主人公漆原朔は入学式を1日早く間違えたことがきっかけで、同大学の「現代音楽研究会」というサークルに無理やり入部させられてしまう。現代音楽という、音楽の枠に縛られず、それでいて音楽の本質を追求していこうという活動に、徐々に音楽の魅力にはまりかけていく。このサークルの奇人どもたちのやることに、昔封印した音楽の血が呼びさまされそうになるが、そのサークルには腹違いで兄で、音楽の才能豊かで、このサークルの部長の貴志野大成がいる。そのことを周りの誰にも言えずにいた。そんな思いと憧れの小夜への気持ちが相まって、偶然弾いたピアノの音には彼にしか表現できない音があった。そう、彼も「音」を持っている者だった。

「神童」「マエストロ」などの音楽に関するマンガや「コドモのコドモ」など数多くの良作を産み出しているさそうあきらが次に挑んだのは、音楽は音楽でも、大学での集団が奏でる音楽。「現代音楽」という色々な可能性を追求できるジャンルに次なるフィールドを選んだわけです。

音楽というのは定型があって、定型がない。むしろ、常に新しいものを追い求めて、尚且つ可能性を探していくものなのだなというのを感じます。しかも、紙面で「音」を表現する難しさ、それが「聴こえる」素晴らしさ。またしてもさそうワールド全開です。私の知り合いにピアノを弾いている人間がいるのですが、その方にかかってっも、さそうあきらの音の世界は魅力的であり、刺激を受けるといいます。音楽をしている人特有の「音」が頭の中に流れるそうです。うらやましい。そんなことになってみたい。そんなことになればこのマンガももっとおいしく読めると思います。

音もさることながら、このマンガの魅力は、「現代音楽」という可能性を皆で織っていくというところと舞台が京都で、京都の美しい街並み、伝統と音の織り交ざり方ではないでしょうか。音と京都。何やら週末にでも連れ出してみたい組み合わせですね。
by manga_do | 2011-08-24 11:30 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)

コミック背表紙戦争

c0203277_1240370.jpgc0203277_12415132.jpg
軍鶏完全版
④⑤
(橋本以蔵・たなか亜紀夫・講談社・各1,300円)


完全版とはいえ、いつまでも面白い軍鶏完全版の最新刊です。毎月各2冊ずつでるのは嬉しいです。

今回はリーサルファイト編が終了し、中国編に突入する節目の巻です。お話のテンポも完全版だけに「1冊でここまでいけますか」と驚愕してしまいます。

ところで、今回はその4,5巻の面白さだけではなくて、本のクレジットに注目してみました。今日発売されて、店での置き方に悩んでいて、ヨイショ~と立ててみたら面白いのではと思いやってみました。背表紙を上に向けて置いてみてビックリ。4巻と5巻の著者の名前に変化がありました。4巻までは「原作・橋本以蔵、作画・たなか亜希夫」となっていたのですが、5巻から「作・たなか亜希夫」になっていたのです。以前著作権のことで係争中だった両者、リーサルファイト編を境に原作者の橋本以蔵の名前を外すということで決着したのではと、今回の背表紙を見て邪推してしまいます。個人的には、これからの中国編が面白くなると思っているのですが。そんなことも含めてのオトナの決着だと思うのは考えすぎでしょうね。
by manga_do | 2011-08-23 13:15 | マンガ紹介 | Comments(0)

岸辺露伴グッチへ行く

c0203277_1724659.jpg

岸辺露伴グッチへ行く
(モード雑誌「SPUR」10月号付録・オールカラー16ページ)
(荒木飛呂彦・集英社・790円)


とうとう発売しました。本日発売です。雑誌SPURのスペシャル企画です。年に1度は必ずイタリアに訪れという荒木飛呂彦とブランド創設90周年を迎えたグッチの夢のコラボレーションです。お話は岸辺露伴が祖母のグッチのカバンを携えて、イタリアはフィレンツエンに向かうというところから始まります。

この両者、無い組み合わせと思いきや、荒木飛呂彦のイタリア好きとジョジョシリーズの作中にも露伴がグッチの時計をしている描写があり、これはもう必然といえましょうか。今回の16ページの作品に対して、力の入れようは半端なく、露伴や作中に登場する女性の通訳が着ているのは、もちろんグッチ。荒木飛呂彦がグッチを描けば、美しく、格好良くなって、最後はジョジョに見えてきます。実際のコレクションを作品に取り入れて、それを取り込んでいくあたりは「ザ・ワールド」ですね(時間は止まってないですが)。

さらにさらに今回のSPURには荒木飛呂彦のインタビューもあり、氏のまたまた熱い思いも語ってくれています。

アセンスアメリカ村店はモード雑誌もコミックも売れる本屋です。今回のSPURにはかなりの気合の入りようなので、店のあちらこちらにおいているSPURをお探しください。それと私が作った、他にもジョジョシリーズの知られざる作品を紹介した、発売記念フリーペーパーを作ったので、ご希望の方は持って帰ってやってください。


雑誌のSPURはこんな表紙。
作中に登場する通訳さんです、この方。
c0203277_17243991.jpg

by manga_do | 2011-08-22 17:26 | マンガ紹介 | Comments(0)

モテキよカモ~ン

c0203277_1005165.jpg

モテキ
全④巻(別冊4.5巻もあるよ)
(久保ミツロウ・講談社・610円~630円)


いよいよ来月9/23から「モテキ」の映画が始まります。この映画は原作にないオリジナルストーリーで、幸世のまた来た(う、うらやましい)モテキとかわいすぎる美女4人との物語です。

麻生久美子、長澤まさみ、仲里依紗、真木よう子。この「今」を表現する美女たちにはっきり言って不足なしです。それどころか、映画だと思っていてもドキドキするのは私だけでしょうか?映画を見に行くときには、自分を森山未來に投影して「マイ3Dメガネ」で観るとしましょう。

今回映画化に際して、「全巻平積み(正確にはそれに近いですが)じゃい」と置いてみました。改めて、恋が付きまとう時期を逃しているのかもしれないと思わせる(基本勘違いなんですが)作品で、モテキはいつも近くにあるのではと考えてしまいます(これも勘違いが多いです)。自分の行動、気持ち、言動がモテキを引っ張ってくるのではと勘違いします。しかし、世の中の男子、いや、野郎ども、勘違いでもいいから飛び込んでいきなはれ。受け身からは何も生まれおせんで。そして、今回の映画のテーマが「恋が攻めてくるッ!」です。う~ん納得です。いい、マンガです。

映画モテキ公式サイト(ク~カワイイ!)。
http://www.moteki-movie.jp/index.html
by manga_do | 2011-08-21 11:10 | マンガの潮流 | Comments(0)