ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「童」の逆襲

c0203277_16314182.jpg

WARABE
①(以下続刊・kiss連載中)
(IKARING・講談社・700円)


<あらすじ>
主人公・江川潤(22歳・引きこもり・無職・童貞)はホットドッグ店店員に一目惚れして、そのホットドッグ店にバイトの面接に行って、仮採用になったまではよかったが、バイト未経験なのに経験有りと言ったり、近所に住んでいないのにこの辺に住んでるといったりと自らを苦しめるウソをつきまくってしまう。そんなときに、「ワンルーム10畳・家賃5万円・食事付き」の壁紙に誘われて、豪邸に住むことになる。そこには「童」の男が11人も住むワラビーヒルズだった。


私の大好きな作家、IKARINGの最新作。ストレートな女性漫画家の画風を持ちつつ、正統と不条理のギャグセンスを散りばめて、コマ数やページ数が何枚かかってもお構いなしの、1ギャグにかける情熱は健在。むしろ、答えがいっぱいありすぎて絞りきれていなかった今までの作風よりも、テーマがしっかりしていることによる、入り口が1方向で出口が多方向という、本来の彼女の良さが集約された作品になっています。

それにしても登場人物すべて「童貞」とは、IKARINGさんすごい兵器を持ち出しましたね。しかも、11人が11人とも、3クセ、4クセありそうな人たちばかりで、スピンオフ確実な登場人物です。

IKARINGさんと1度お会いさせていただいたのですが、とても美人な方で、ここまでの七色変化球が投げられるギャグ漫画家にはとても見えませんでした。どこから見てもOLさんもしくは学校の先生でした。

私個人的には、彼女の私生活の「もやもや」「腹減り」を描いたエッセイ、「ハングリーORラブ」もお勧めです。これを読むとますますわからなくなります、この方が。
c0203277_17463094.jpg

by manga_do | 2010-08-21 17:48 | マンガ紹介 | Comments(0)

服を着たり、着られたり

c0203277_16101938.jpg

神は細部に宿るのよ
①(以下続刊・「kiss」連載中)
(久世番子・講談社・700円)


「暴れん坊本屋さん」の久世番子の最新作。自らを「非・おしゃれ系」と呼び、おしゃれに頓着した作者自らの体験と目線で、「女子」なら誰でも陥ってしまったことのあるおしゃれ失敗や非・おしゃれ系が故の葛藤と渇望を描くエッセイ漫画。

女性の流行やファッションを書いたエッセイや雑誌などは多いが、ここまで女性のファッションの華やかな部分の涙ぐましい努力(?)と内幕を描いた本があったでしょうか。自らを「川下(かわしも)」と呼び、おしゃれへの目覚めがなかったという割には、そこは大人の女性、「良し」とするところと「これはちょっと・・」という部分の清濁併せ持ち方が、真の「おしゃれ女子」になってますよといえなくはないでしょうか。

百貨店のフロアの分け方について描いているところが面白いです。男性の私はそんなところを普段見ていないのですが、ある年齢になったら階数が1つ上がっていたり、横文字のフロア名でどの年齢の層なのかわからなかったりと、欲しいのに踏み出せない壁やいっそのこと「年齢」でくっきり分けてくれよと、ある種投げやりな感じが女性読者の「うんうん」という共感を産むのではと番子さんのはっきり言ってくれたところがいいです。

あと、私もこの漫画に描いているファッションあるあるを見たことがあります。電車の中でアースカラーのワンピースで赤のステッチを施していて、頭をお団子くくりした茶色のおしゃれサンダルを履いた女性を見て、「ああ、カワイイな」と見とれていたのですが、その10分後、街をまったく同じ服、同じ髪型、同じサンダルで歩いている女性を見かけたことがあります。顔も背格好もまったく別人でした。「ああ、宇宙人の襲来もう来てるわ」と邪推してしまいました。なぜ、こうなるのか、このメカニズムを誰か教えてください。
by manga_do | 2010-08-14 17:47 | マンガ紹介 | Comments(0)

デビルサマナー葛葉ライドウフェア

c0203277_16514241.jpgデビルサマナー葛葉ライドウ
対コドクノマレビト

②(綾村切人・エンターブレイン・714円)


アセンスアメリカ村店3Fコミックフロアにおいて、「デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト」2巻発売記念フェアを開催しています。

開催中はコミックでは見られない、綾村切人の世界観が伝わる複製原画展示とデビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビトお買い上げの方に「描き下ろしペーパー」と「特製ポストカード」を差し上げています。

ペーパーとポストカードはコミックに封入しています。ただし、先着20名さまなのでお急ぎくださいませ。


c0203277_17163273.jpg上から複製原画、「
描き下ろしペーパー」「特製ポストカード」ですのじゃ。
c0203277_17175020.jpg


c0203277_1719854.jpg
by manga_do | 2010-08-11 17:28 | アセンスアメリカ村店 | Comments(0)

a new star is born!

c0203277_1225507.jpg野ばら
①(高田築・エンターブレイン・651円)


またしても「fellows!」作品であります。新鋭・高田築の短編集です。
1巻と銘打っていて、短編集とはいかに?ですが、正確には読切連作漫画といえばいいでしょうか。このなかに出てくる「しょむたん」シリーズが3話あり、その今後の連載継続が決まったからの2巻目に続くということではないでしょうか。
その「しょむたん」シリーズですが、お茶の間の子供たちを虜にしている「謎」の生物しょむたんが新しいうたのおねえさんと繰り広げるハートウォーミングギャグマンガ。
このしょむたんが面白い。謎の生物が人間臭かったりすると、それだけでカワイイ要素満載ですが、そのキャラに振り回される脇役という塩梅ではなく、それぞれがキャラ立ちしているのも魅力ではないでしょうか。

銀河系ギャグマンガ(意味不明)ジャンルが好きな方にはお薦メイな1冊です。
by manga_do | 2010-08-11 13:06 | マンガ紹介 | Comments(0)