ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

またまた島だよ!

c0203277_13533110.jpg螺旋島
①(以下続刊・週刊少年マガジン連載中)
(向山知成・講談社・450円)


<あらすじ>
幼なじみの「ミキ」からsosの電話を受け取った早乙女鉄心は、ある「事件」を起こしたことによって故郷とミキから離れなければならなかった、その故郷にミキを捜しに向かう。その島「柊島」は新型インフルエンザにより政府に隔離されている。本当にインフルエンザ?ミキは?島民は?すべてにケリをつけるための潜入が今始まる。


またしても「島」です。島は確かに閉鎖された空間となりやすく、そこに巻き起こる奇怪な現象も起こりやすい場所です。今回は「救出」「隔離」「過去」といったキーワードが所々に出てきて、主人公鉄心も色んなものがフラッシュバックしてきて、役に立ったり、足を引っ張りと読めば読むほど謎が深まります。1巻目にしてあらかたの謎が解けたのかと思いきや、後半になればなるほど、「?」が大きくなります。前半の伏線だけでなく、もっと深い伏線がシリーズを通して仕掛けられているのかも。
by manga_do | 2010-02-22 15:34 | マンガ紹介 | Comments(0)

山岳マンガと歴史マンガと不条理マンガとetc.

c0203277_12171298.jpg狼の口
(ヴォルフスムント)

①(以下続刊・Fellows!連載中)
(久慈光久・エンターブレイン・651円)


<あらすじ>
中世アルプス、ドイツとイタリアを結ぶ峠、「ザンクト・ゴッドハルト峠」には正当なり理由や通行手形が無きものを決して通さぬ関所がある。その番人は冷酷非情の代官ヴォルフラムが護っている。細面で優男の風貌とは違う「黒い森」が関所を通ろうとするものを拒み続けている。関所の向こうに、自由と夢を求めるものの全てを今日も奪い続けている。

またしても、「Fellows!」連載作品ですね。好きですね、私も。それだけマンガの奥深さを味わいさせつつも、その底の深さに絶望を覚えるマンガ雑誌なのでしょうね。すごい考えさせられる映画を見たあとの、良かったり悪かったり、半泣き半笑い、といった気持になれる雑誌ではないでしょうか。他の「王道」マンガ雑誌とは違う、心のしわの付け方ではないでしょうか。
さてこの作品、中世の封建制ヨーロッパの考察と取り入れ方もすごいですが、何といっても、さも見てきたかのようなマンガへの取り込み方がすごく感動しました。「しっかり調べてるな」という感じではない新人(マンガの世界に新人という言葉があるかは疑問ですが)ではないでしょうか。
それと作品の1コマずつから伝わる「絶望感」。これは最近の漫画にはない、3mプールに突き落とされた助けて感が出ています。でいて、ドンドン話に惹きこまれていく感覚はクセになりますね。

1話完結の3話収録されています。この3話濃いです。しかも続きます、ギャフン。
by manga_do | 2010-02-13 13:05 | マンガ紹介 | Comments(0)

ホーホッホッホホー

c0203277_1212910.jpg純潔のマリア
①(以下続刊・グッドアフタヌーン連載中)
(石川雅之・講談社・560円、ヌイグルミ付き限定版1980円)


<あらすじ>
中世フランス、「マリアの森」に住む、魔女マリアは生来の戦争嫌いのため、自分の使い魔であるサキュバス、アルテミスを使って、戦争指揮官を誘惑やたぶらかしによって混乱させようとする。そんなマリアは言動と行動があまりにも子供じみているし、暴力的。処女で強大な魔力を持ち、「聖母」の名をもつ彼女の冒険譚。

「もやしもん」の石川雅之がグッドアフタヌーンで連載している、歴史、魔法、冒険、混沌を描いた、もうすでに、大作です。
主人公マリアのキャラや破天荒ぶりやそれでいて強いという今のマンガにあってほしい、兼ね備えてほしい要素がイッパイ詰まっていますね。そして白いフクロウながら淫魔であるアルテミスの変貌ぶりは、白いフクロウを普段意識してこずに今まで生きてきたことを悔いてしまうぐらい、かわいいです。今回通常版と同時に、アルテミスの25cmの人形(?もうすでに置物化している)が付いてくる限定版も発売していて、やはり大作の「にほひ」がしますね。
by manga_do | 2010-02-11 12:40 | マンガ紹介 | Comments(0)

MIA展開催してます!!

c0203277_13553765.jpgMIA展
2010 2/8~2/14
朝10時から夜10時まで
期間中無休

いよいよ始まりました「CLUB MIA」の精鋭がお送りする「MIA展」です。

関西を中心としたマンガ家、イラストレーターの集団「CLUB MIA」とアセンスアメリカ村店との企画展です。


今回はゲストとして、
しいたけさん、松尾ルイーズさん、かんなさんが参加して頂いて、よりMIA展を盛り上げてくれています。
今後も「CLUB MIA」との企画を考えていますので、お楽しみに。

c0203277_152255.jpgあ、椅子だ!


c0203277_1523821.jpg


c0203277_1525136.jpg


c0203277_153224.jpg

 アセンスページへ
 → → → 「MIA展」 

 CLUB MIAページへ
 「CLUB MIA」
by manga_do | 2010-02-08 15:03 | アセンスアメリカ村店 | Comments(0)