ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

酒仙打者の旅の終わり

c0203277_1257981.gifc0203277_12573574.gif











あぶさんの野球人生 全56章
上下巻同時発売
(水島新司・小学館・各1400円)


あぶさんが引退を表明しました。それを記念してのメモリアル的な意味も込めて、彼の現役生活をダイジェストで追っていこうというのが本書の刊行の目的です。あぶさんこと、景浦安武は昭和48年に飲み屋大虎で飲んだくれてるところを、スカウトの岩田鉄五郎(!)に契約金50万円年俸100万円で拾われ、南海ホークスに入団しました。そんなあぶさんは高校野球の県大会決勝で155mもの特大ホームランを打ちながら、飲酒をしていることがバレて出場取り消しとなり、大阪の実業団チーム「北大阪電機」に入団しながらも、25歳までプロからも誘いがなく飲み屋に入り浸る毎日という生活からの脱却でした。入団当初から、酒にまつわるエピソードが多く、バッターボックスに立つ前の儀式として、バットのグリップに酒を吹きかける「酒しぶき」をしたり、バットのグリップにアタリメを巻いていたり、ベンチでウイスキーを飲んだり、素振りをすることによって酒を抜いたりと酒にまつわるエピソードには事欠きません。代打屋として、一球にかける集中力は、王、長島以上といわさしめたほどです。そんなあぶさんも、時代が移りホークス一筋で、ダイエー、ソフトバンクとチーム名が変わりながらも、現役を36年間も続けてきました。現在62歳。3年連続3冠王に輝き、チームも常勝チームになり、息子景虎もプロに入り、野球界での名声を得つくしての引退です。
なんか本当にいる選手の話みたいじゃないでしょうか?そうなんです、架空の選手ですよ。

南海ホークス、パ・リーグといった、巨人、セ・リーグ偏重時代にあって、人気だけでなく、野球本来の魅力、プロ野球選手の人間性に焦点を当てた作品は少なく、当時のテレビや新聞で報道されているプロ野球という華やかな世界以外の世界を垣間見る貴重な漫画で、実名で当時のプロ野球選手が登場したり、あぶさんと絡んだり(そんなこと言わんやろってことを結構言わされてた)と「超能力野球か!」(ドカベンもしかり)とつっこみたくなる野球漫画が全盛だった当時にあっては、本当の野球好きの浪花節漫画だったのです。しかも、南海ホークスの2軍の球場があった「中モズ球場」の描写があったりと、在りし日の同地を知るものとしては、今読んでもキュンと来る作品です。

私自身、読まなくなったのは、やはりダイエーに身売りして福岡に行ってしまった頃からでしょうか。昭和40年代から60年代までの大阪を知る資料としても読み返しても損はなさそうです。その後のあぶさんは皆さんも知っての活躍でしょうが、若干超能力が身についたのではと思ってしまいました。なにせ62歳まで現役だったわけですし。とにもかくにも、あぶさん長い間お疲れ様でした。
by manga_do | 2009-11-30 14:02 | マンガ紹介 | Comments(0)

巨人、ついに動く

LOVE MODE
①②巻同時発売、全6巻予定
(志水ゆき・新書館・998円)


BL界の巨人の不滅の金字塔、「LOVE MODE」が遂に新書館から完全版として復刊されました。「LOVE MODE」といえば、長らくビブロスの看板マンガとして君臨していたのですが、ビブロスの倒産、志水ゆきの新書館移籍と時代の狭間に消えてしまうのではと思った矢先の「志水ゆき全集」としての復刊です。おまたせしまたというか、この作品が消えていかなかったことが大変うれしいですし、それを許せなかった人たちがいるのがとても「良い事」だと思えますね。
そんな志水ゆきですが、この新装版の帯にこれからの刊行予定が書かれています。毎月「志水ゆき全集」が全6巻出るのはもちろんのこと、2010年4月下旬に「是ーZEー」ファンブック発売、同4月30日には「是ーZEー」⑨巻発売と、精力的な文言が踊っていますね。すごく楽しみですし、新書館さんもっともっと盛り上げていってくださいまし。なんてったって祭りですもんね。
by manga_do | 2009-11-27 08:02 | マンガ紹介 | Comments(0)

ああ、お風呂

c0203277_17314764.jpgテルマエ・ロマエ
①(以下続刊・月刊コミックビーム連載中)
(ヤマザキマリ・エンターブレイン・714円)


<あらすじ>古代ローマの風呂の設計技師のルシアスは、公衆浴場で湯に浸かっていると、1970年代の日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこには富士山の絵、洗面器、脱衣のカゴ、フルーツ牛乳と今まで見たことのないものだが「最先端」の風呂のアイデア詰まっていた。古代ローマに戻ったルシアスは日本の銭湯のテイストが詰まった、公衆浴場を設計し大賑わいを見せることになる。

またしても、タイムスリップものである。しかも、あらすじだけ読んでも、私の書き方、伝え方が下手なせいもあるが、ピンとこないことこのうえない。が、しかし、
このマンガおもしろいです。
タイムスリップというとこにとらわれるのではなく、古代ローマと日本は、風呂という文化で繋がっている、「お風呂」をこよなく愛している国民同士が巻き起こす、「知っているもの同士」の楽しさ、奥ゆかしさ、情緒が溢れている作品だと思います。たとえば、脱衣場のカゴなんかは日本のお風呂、銭湯にはどこにでもあるものです。しかし、そのカゴがなかった古代ローマ人はそのカゴを是とするでしょうか、良しとするでしょうか。たぶん、すごい便利だ、と言ったでしょう。海外在住で、イタリアに造詣が深い作者ならではの視点だと思います。こんなに場所も、時代も離れた両者が、お風呂と言う、意外と世界ではマイノリティな文化で結ばれているのが、湯冷めせずホカホカ感を出していますね。現代日本では、若干の風呂離れが進んでいると聞きます。お風呂の熱湯から来る暖かさだけでなく、空間としてのお風呂に浸かりたくなりませんか?
ちなみに「テルマエ・ロマエ」というのは「ローマ風呂」という意味らしいですよ。


<追記>
2010.03.17にマンガ大賞2010が発表になりました。そして、テルマエ・ロマエが見事大賞を射止めました。オメデトウございます。アンチ「バクマン」ではありませんが、前評判どおりの展開ではなく、かつ書店員の方の本を見る目が、自分の目を持っているということに感動しました。マンガ大賞の理念というのはそういうところではなかったでしょうか。エンターブレインさんこれでまた忙しくなりましたね。重版の際には「重量級」な帯を期待してますよ。
by manga_do | 2009-11-26 18:29 | マンガ紹介 | Comments(0)

ジョジョの「一番くじ」の冒険

c0203277_1236296.jpg

ジョジョの奇妙な冒険
(一番くじ)

一回500円


コンビニを中心に展開していた、「一番くじ」が心斎橋アセンスの心斎橋本店とアメリカ村店でもおくようになりました。現在は「ジョジョ~」だけですが、今後は「ONE PIECE」も展開予定です。何度トライしても、お目当ての景品をゲットできなかった方は、もう一度再戦してみませんか。

「一番くじ」とは、1回500円でくじを引き、そのくじに書かれている景品を、ハズレなしでゲットできるものです。景品の一部を紹介させていただきます。ちなみに「ジョジョ~」の分です。

A賞の仗助とクレージーダイヤモンドのフィギュア全長14cm

B賞のキラークイーンフィギュア全長25cm
などなど。

ほかにもファンマストアイテムの数々なので、現物を拝みに来てくださいな。

c0203277_195314.jpg
















<追記>一番くじを始めて2日目。もうすでに7枚もくじが売れました。総くじ数90枚のうちの7枚なのでまだまだなのですが、それだけみなさんの関心が高くて、「キラークイーン」への執念みたいなものが見て取れます。ちなみに、クレージーダイヤモンドもキラークイーンもバッドカンパニーもまだ1枚も出ていないのでご安心を。
by manga_do | 2009-11-21 13:07 | アセンスアメリカ村店 | Comments(0)

幸運の命綱

c0203277_13192418.jpgなまずランプ
①(以下続刊・モーニング連載中)
(たかぎ七彦・講談社・620円)


<あらすじ>時は幕末江戸、運悪く人殺しの現場に居合わせて捕まってしまい、その咎で処刑を待つ不運な男、半次郎。処刑の前の晩、同じ牢の人間から「蓮の花 八千五百二十六」という暗号めいた言葉を聞いてしまい、それを処刑の苦し紛れに「蓮の花・・」と口走ってしまう。その言葉に過敏に反応した町奉行所は、妹の命と引き換えに52時間でその「犯人」を見つけてこいと言う。なにもわからず、なんの手がかりもなく半次郎は江戸の町に飛び出してゆく。「蓮の花~」が江戸城御金蔵破りの事件のことであることも知らずに・・。

この作品、1月、3月に2巻、3巻の発売が決まっており、今のコミックにしては珍しく刊行するペースをテンポ良くし、作品のジェットコースター感を出しています。なにかドラマの「24」や「ブリズンブレイク」などのテンポに似ていて清々しいッス。この感じで行くのかと思いきや、1巻の後半で転調。このマンガ先読めません。
by manga_do | 2009-11-20 14:14 | マンガ紹介 | Comments(0)

へ~んしん願望

c0203277_1436471.jpg新・仮面ライダー spirits
①(以下続刊・月刊少年マガジン連載中)
(原作、石ノ森章太郎 漫画、村枝賢一・講談社・600円)


マガジンZで連載していた仮面ライダーspiritsが、月刊少年マガジンに場所を移し、装いも新たにリスタート新連載です。今回は「仮面ライダー1号、2号」のお話で、本郷猛と一文字隼人の出会いとどのようにして仮面ライダーになったのかが述べられています。ショッカーによって仮面ライダーに改造させられた一文字隼人が仮面ライダーとしての自分を受け入れることよりも、その非人間性を憂う姿が「人間」仮面ライダーの悲哀を一層際立たせてくれます。
昔のテレビシリーズとは違う考察と新たなサブストーリーの展開で、仮面ライダーの世界をまた大きくしていってます。それとテレビシリーズをやっていたときの世相を随所に挟みこんでいるのも、仮面ライダーの力の源なのかもしれません。
by manga_do | 2009-11-17 15:25 | マンガ紹介 | Comments(0)

魔法なんて・・・信じます。

c0203277_1222238.jpg乱と灰色の世界
①(以下続刊・Fellows!連載中)
(入江亜季・エンターブレイン・651円)


<あらすじ>大きなサイズのランニングシューズ(ナイキのエアマックス系か?)を履くと大人の美女に変身する小学生、乱には世界のバランスを保つ役目を帯びた魔法使いの母、静がいる。そう、乱は魔法使いの卵なのです。その乱には同じく魔法使いの兄と父がいる。「単身赴任」の母がいる漆間家に久しぶりに母、静が帰ってくる。

「群青学舎」で男性以上に女性のファンを多く獲得した入江亜季の最新作です。お話のタッチと設定が、本当にすんなり入り込んできますし、作品の中でも述べられているのですが、「人が光って見えます」。家庭を基軸にした魔法使い一家は、幻想過ぎず、所帯じみてもいません。女子だけでなく、男子たちもキラキラして読んでしまいますね。
by manga_do | 2009-11-14 12:55 | マンガ紹介 | Comments(0)

ブンカケイ女子の目線

c0203277_19113078.jpg文化系女子のための
少女漫画案内

(mille books編・サンクチュアリ出版・1050円)


忘れられない歌や思い出があるように、少女時代に読んで今もハッキリと憶えているマンガというのは誰にでもあるはずです。イラストレーター、料理研究家、クリエーター、ミュージシャン、作家など、いわゆる「文化系」のお仕事で活躍している50人に「あなたの好きな少女漫画はなんですか?」みたいな問いかけに、熱い思いを語ってもらうのが本書です。1人5冊の思いの丈を語っているのですが、良いです、イイです。本当みなさん良い本読んでたんですね、少女時代。くらもちふさこ、一条ゆかり、紡木たく、いくえみ綾、松苗あけみ、岡崎京子、大島弓子、岩館真理子など。この方々の作品だけを集めた本屋さんやってみたいですね。たぶん、毎日「いい勉強させてもらいました」って思えるんでしょうね。

この50人にアンケートで、初めて読んだ少女漫画は?の問いに、「キャンディキャンディ」が1位というのがありましたが、な、納得です!今読んでも、全然色褪せてなくて、なおかつマストリード(そんな言葉あるのかは知りませんが)ですね。現在、係争中(?)で本屋さんで買えなかったり、気軽に読むことができませんが、是非ともまた皆さんが読める日が来て欲しいですね。

今回の表紙、カンバラクニエなんですよ。そんな彼女の好きなマンガに深見じゅんの「悪女」が入ってました。カンバラさん、私も好きです。
by manga_do | 2009-11-11 20:38 | マンガ紹介 | Comments(0)

ドキュメンタリー

c0203277_1654050.jpg魔法なんて信じない。
でも君は信じる。

(西島大介・太田出版・1260円)


「消えたマンガ原稿67ページ」という文字が帯におどる、かなりショッキングなドキュメンタリーマンガです。

西島大介と言えば、「凹村戦争」「ディエンビエンフー」など特徴ありすぎるカワイイキャラクターが「特徴」の漫画家で、その世界観はファンタジー、戦争など多岐にわたり、2000年代を代表する漫画家の一人です。その西島大介が巻き込まれた「原稿紛失事件」とその顛末を1冊のマンガにしたのが本書です。読んでみて、西島大介には悪いが本当に勉強になったし、面白かった。なぜ、紛失したかはさておき(そこが一番理解しがたいが・・)、紛失に対しての出版社の対応や補償金額、担当者とのやり取り、周りの反応などが克明に表現されており、マンガのシステム、ビジネスとしてのマンガなど、漫画家を目指す人もそうでもない方も両方楽しめる作品です。
漫画家ってこんなに貰えるのやと思うか、こんだけなのかと思うよりも、お金よりしんどい思いして描いた作品が紛失するショックがデカイと思います。
by manga_do | 2009-11-10 16:48 | マンガの潮流 | Comments(0)

闘牛love

c0203277_19364161.jpgも~れつバンビ
①(以下続刊・週刊ヤングマガジン連載中)
(柏木ハルコ・講談社・560円)


<あらすじ>食用牛として生まれたバンビは、このまま人に食われる人生でいいのかという「自我」が目覚め、牧場から脱走を試みるが失敗。その心意気に惚れ込んだ少女、日和に闘牛として育てられることになるのだが、実はバンビは闘争心ゼロのダメ牛だった。

「いぬ」「ブラブラバンバン」の柏木ハルコがなんと、闘牛を題材にしたコミックが発売されました。柏木ハルコといえば、女性の描き方がエロ過ぎるということと、どアップの使い方が絶妙にうまいというところなのですが・・うん、今回もイイっス。弱牛バンビちゃんと熱すぎる美少女、日和とのコンビネーションが今後の展開を期待させてくれます。以前描いていた「鬼虫」というコミックとも共通する南の島でのエキゾチック感も、柏木ハルコならではという感じがして、闘牛が作者の世界に落ちていっている気がします。
by manga_do | 2009-11-09 20:35 | マンガ紹介 | Comments(0)