ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

カテゴリ:アニメだいすき( 4 )

デートして、デレさせること(デート・ア・ライブ)

c0203277_131279.jpg

デート・ア・ライブ

(橘公司・つなこ・富士見書房・①~⑦刊行中・4月よりアニメ化!!)



<あらすじ>
世界を殺す少女を救う方法は――デートして、デレさせること!?


「――君、は……」「……名か。そんなものは、ない」四月一○日。
五河士道は精霊と呼ばれる少女と出会った。世界から否定される少女。
だけど自分だけは少女を肯定したいと願った。

新世代ボーイ・ミーツ・ガール!!(説明文より)
by manga_do | 2013-03-17 00:00 | アニメだいすき | Comments(0)

永野護がリブート(花の詩女GOTHICMADE・ゴティックメード)

c0203277_1226498.jpg

花の詩女
GOTHICMADE・ゴティックメード


(脚本・監督=永野護・角川書店・2012.11.1劇場公開)


「ファイブスター物語」の永野護が脚本・監督を務めるアニメーション映画「花の詩女GOTHICMADE」が11/1から公開されます。彼自身の30年以上にも及ぶ蓄積された世界観が、この2012年に新たなる作品とともに放出されます。ジャンルでいえば「ロボットアニメーション」ということになりますが、永野護の世界観のほうが濃すぎて、いままでのアニメのジャンルでは区切れなくなっています。

お話はある小惑星カーマイン・プラネットが舞台です。預言者「詩女(うため)」となった少女ベリンは聖都「ハ・リ」へ向かう途中、嵐とともに現れたドナウ帝国皇子トリハロンが警護を申し出る。2人の未来に何が起こるのか?

今回、この公開に合わせて「ファイブスター物語」のコミックフェアを行います。期間中購入者特典として、クリアしおり(gothicmadeバージョン・ファイブスター物語バージョンいずれか)を差し上げています。お楽しみに。
by manga_do | 2012-10-28 00:00 | アニメだいすき | Comments(0)

コスプレ博覧会(COSPLAY SHOWCASE)

c0203277_1265440.jpg

COSPLAY SHOWCASE

(杉山宣嗣・コマーシャルフォト別冊・玄光社・1,575円)

有名キャラクター70種類を収録したコスプレ写真集です。
表紙はコスプレ文化親善大使でもあるコスプレイヤーコノミアキラ氏によるブルーローズ(タイガー&バニー)。

当代きってのCGアーティストとコスプレイヤーのコラボページもあり、今までのコスプレ本が出す「本物感」より「既視感」が強まった作品になっています。

メイキング等製作面にも踏み込んだ内容になっています。


c0203277_1219124.jpgc0203277_12192076.jpg



c0203277_12193392.jpg

by manga_do | 2012-01-29 00:00 | アニメだいすき | Comments(0)

グフが好き、ドムも好き(グフ&ドムBOOK)

c0203277_1063897.jpg

MS-07/09
グフ&ドムBOOK
モビルスーツ大全集④


(グレートメカニック編・双葉社・1,470円)


ガンダム世界の考証の精細さ、幅の広さに定評のある「グレートメカニック」のモビルスーツ大全集の第4弾が本書です。

これまでも、第1回目が「ジム」(モビルスーツの傾倒具合が半端ではない人からの絶賛を受けた作品)、その後、「水陸両用モビルスーツ」「ザク」と来て、今回の「グフ&ドム」となりました。何ですか!この4作品は!!ガンダムなのに、ガンダムが入っていない、モビルスーツ世界なのに、花形モビルスーツが入っていない。でも、冷静になって深く深く考えてみたら、この4つのモビルスーツの、架空ではあるが、本当に宇宙世紀のガンダム世界があったと仮定したら、このラインナップのモビルスーツが与えたインパクトは絶大だったのかもしれません。ガンダムは確かにすごいですが、戦線に与えた影響は「ジム」のほうが数倍も上だったわけで、その後の戦況を大きく左右したものだったのです。

今回の「グフ&ドム」。130ページにもわたって、グフとドムだけを語り尽くす、調べなおす、全てのページでこの2体だけで彩っている。こんな熱い本はないでしょう。どんなにガンダム世界に詳しい人でも、グフやドムに詳しい人でも、かならず膝を叩いてうなずいてしまうことや新たな「発見」が出てくる本に仕上がっています。

ガンダムはザクだけで全編と通そうと思っていた、というのは結構いろいろなところで聞く話です。実際の戦場は生産性を考えて、主力兵器を多く作っていって生産コストを下げるというのが常道で、ガンダム世界のように多くの兵器が乱立しているというのはあり得ない世界なのです。でも、ここで出てくるのが「設定」。ザクの地上用を突き詰め、ザクの改良ではない地上戦用のモビルスーツの必要性が高まった。という一文を加えることによって、グフが必然に変わっていきます。グフの兵装では火力不足、地上であるからこその移動性も高めることが急務、という一文がこれまた「設定」に加われば、ドム、スゲ~になるのであります。

私もグフが初登場したときの衝撃は今でも忘れません。ガンダムの優位性がアニメ上で子供ながらに分かるようになったときに、ある種の倦怠感みたいな、ヒーローロボットもののような「火縄のにおい」がしたのですが、「グフ&ラル大尉」の組み合わせは「連邦ピンチ」「ホワイトベースピンチ」と正直思ったものです。そして、ラルはこううそぶく。

「ザクとは違うのだよ、ザクとは」

c0203277_10411255.jpg


昇天です。あの回からのめりこみが加速度を増した。
でも、今持っても謎があります。何故グフの武器は「ムチ」だったのか?マシンガン、バズーカときて、「ムチ」。この謎も長く愛していきますか。
by manga_do | 2012-01-04 00:00 | アニメだいすき | Comments(0)