ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

カテゴリ:マンガの潮流( 73 )

やはり謎な御仁(いしいひさいち仁義なきお笑い)

c0203277_11331867.jpg

いしいひさいち 仁義なきお笑い
文藝別冊・KAWADE夢ムック


(いしいひさいち・河出書房新社・1,260円)


<あらすじ>
デビュー40周年記念いしいひさいち大特集。本人書き下ろし「でっちあげインタビュー」、しりあがり寿、吉田戦車、宮部みゆきらの寄稿、大友克洋インタビューのほか、貴重な資料満載!

■巻頭カラー4p含む「ひさいちい散歩」では、いしい氏の案内で『バイトくん』と『ののちゃん』の舞台を巡ります。

■目玉企画は本人書き下ろし「でっちあげインタビュー」。「たまののタイムス」の山田のの子記者を聞き手に、いしひいさひちが40年の漫画家生活を語り尽くす!?

■特別寄稿は豪華ラインナップ!
いがらしみきお、しりあがり寿、とり・みき、吉田戦車、秋月りす、西原理恵子、カラスヤサトシ、さそうあきら、小坂俊史、あずまきよひこによるトリビュートマンガ。
宮部みゆき、戸川安宣(編集者・ミステリ評論家)、村上知彦(編集者・まんが評論家)、川島克之(『現代思想の遭難者たち』担当編集)のエッセイ。
いずれもリスペクトに満ちた珠玉の原稿です。

■「仕事場&アイデアノート大公開」は超貴重。今までほぼ誰も見たことのない、いしい氏の仕事現場が見られます。

■単行本未収録作品も収録。
幻の青春叙情ストーリー「ゲームセット」48p完全掲載のほか、禁断の出版業界実名パロディ問題作「前戯なき戦い」も収録しています。

■リスペクトインタビューは、あの大友克洋!
わざわざ大阪までいしい氏に会いに行ってサイン色紙をもらったという大友氏が語る、いしいひさいちの魅力とは!?

■69のキャラクターと事物を解説した「いしいひさいち小事典」は、いしい氏本人のコメント付き。意外な事実も判明します。
その他、いしいファンの漫画家、コラムニストら29人が選ぶ「この似顔絵がすごい! 」、広告などに起用されたマンガやノベルティグッズを集めた「いしいひさいち博覧会」、詳細な年譜、既刊全257冊を完全網羅した著書目録など、盛りだくさんの内容です。(説明文より)

いしいひさいちと言えば、「ののちゃん」「ホーホケキョ となりの山田くん」などほのぼのとした漫画が多いように思われるが、「がんばれタブチくん」などの野球漫画に始まり、風刺、政治、ナンセンスなど幅広く活躍している漫画家です。その観察眼は、鋭すぎてしばしば誰かの不興を買う結果になったり、特徴を捉えすぎた似顔絵は似ている以上の効果を生み出します。

c0203277_12141643.jpg


あまり表に出たがらないいしいひさいちのすべてを紹介した本は本当に貴重で、多くの漫画家にリスペクトされているということがわかる本文記事も本当に貴重です。

c0203277_12175865.jpg

by manga_do | 2012-06-18 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)

ナミフィギュアが付いてくる(ONE PIECE P.O.P公式ガイドブックpops!)

c0203277_193487.jpg

ONE PIECE P.O.P公式ガイドブック
POPS!



(集英社・11,000円)
(2012年12月20日発売・8月8日予約締切)



ワンピースのフィギュアコレクション「P.O.P」を完全網羅したカタログが発売されます。

ただ、カタログ化しただけでなく、フィギュア付き限定版として現在予約受付中です。内容ですが、「カタログ」と「Portrait.Of.Piratesワンピース“Sailing Againナミcrimin Ver.付き」、「尾田栄一郎先生メッセージカード封入」とかなりの熱さです。

発売が12月20日と結構先ですが、予約締切は8月8日と結構あっという間に来てしまいますので、「我こそは」という方はご予約承っております。

c0203277_19335020.jpg

by manga_do | 2012-06-14 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)

TVドラマ化!(ボーイズ・オン・ザ・ラン)

c0203277_18174985.jpg

ボーイズ・オン・ザ・ラン

全10巻

(花沢健吾・小学館・1~7巻各530円、8~9巻各540円、10巻560円)



<あらすじ>
痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。三十路目前、そろそろ選択しようじゃないか、我が人生! 超等身大ダメ男・田西敏行の遅咲き青春ブルース!!

金曜日、池袋の夜、テレクラ。田西敏行は、先ほどの会社の飲み会で、憧れの植村ちはると話せたことの喜びに浸っていた。妄想でしか彼女とSEXできない現実を憂い、テレクラで電話を待っているうちに27歳の誕生日を迎えた田西。残り時間5分、ようやくかかってきた女性と待ち合わせをするが、見ればとんでもない怪物女で…!?(第1話)●本巻の特徴/妄想ばかりのダメ男に訪れた、一世一代の恋愛チャンス! 職場の飲み会で、憧れの後輩・植村ちはると初めて話せた田西。そこからメール交換も始まり、ふたりの仲は徐々に進展していくのだが…!?●その他の登場人物/青山(大手玩具メーカー「マンモス」の勝ち組営業マン)、吉久(田西の同期。彼女あり)(説明文より)

テレビ朝日系にて、7月から放送されることがきまりました。

主役の田西敏行役は関ジャニ∞の丸山隆平、強すぎるヒロイン・花役に平愛梨、田西の憧れであり同僚の植村ちはる役に南明奈のキャスティングです。

この漫画は全10巻ですが、これほど内容が濃くて、色々なものが詰まった10巻はないと思います。ダメサラリーマン田西の成長の記録といってしまうにはあまりにもデカすぎるし、人間が変わっていく過程というには、短すぎる。読み終わったあとに何かが残るなんて考えるより、まずは読んでいただきたい。日本にはこんな全10巻があるんだと高らかに叫べますよ。

「アイ・アム・ア・ヒーロー」の花沢健吾が「いつでも青春、いつでも生きてる」って感じにさせてくれます。映画も素晴らしかったですが、ドラマになって何が伝わってくるか楽しみですね。

c0203277_18492620.jpg

by manga_do | 2012-06-01 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)

大友のスベテが見たい(GENGA)

c0203277_19244810.jpg

GENGA
大友克洋GENGA展の公式図録


(大友克洋・パイインターナショナル・5,040円)

現在開催中の「大友克洋GENGA展」の公式図録です。

「童夢」「気分はもう戦争」「AKIRA」「老人Z」「スチームボーイ」などなど、漫画家生活39年を迎えた大友克洋が、自らの作品を全てさらけ出し、全原画と共に展示するという、2012年最大の関心事!その興奮を1冊にまとめた(80年代的表現)図録が本書です。

現地会場での販売が、こうやって本屋でも買える。「いい」というよりも、これを見せられる「生殺し感」。本書を手にとった瞬間に「GENGA」展に近づいているのでは?と錯覚する存在感。

(AKIRA6巻と比べても大きさがわかるぜよ)

c0203277_19493956.jpg


そして、大友克洋次回作の情報。
週刊少年サンデーで連載が始まるというビックニュースが舞い込みました。まだまだ進化し続ける大友世界。その過程とこの先の未来がこの1冊を手にとった時の感慨深い感想です。

(2冊並べると・・いいかも)

c0203277_2015543.jpg

by manga_do | 2012-04-21 20:02 | マンガの潮流 | Comments(0)

マンガ大賞2012が決まる。

c0203277_19233516.gif

マンガ大賞2012

マンガ大賞2012が決定しました。

今年の栄冠に輝いたのは
「銀の匙」
(荒川弘・小学館・現在2巻まで刊行、3巻は4/18発売・各440円)

c0203277_19331046.gif


一応あらすじも。
「超ヒット作『鋼の錬金術師』の荒川弘の最新作!
大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾。授業が始まるなり子牛を追いかけて迷子、実習ではニワトリが肛門から生まれると知って驚愕…などなど、都会育ちには想定外の事態が多すぎて戸惑いの青春真っ最中。仲間や家畜たちに支えられたりコケにされたりしながらも日々奮闘する、酪農青春グラフィティ!!」

そして2位以下の順位、得票はこちら

76pt 荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」
61pt うめ「大東京トイボックス」
57pt 石井あゆみ「信長協奏曲」
49pt 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
46pt 市川春子「25時のバカンス 市川春子作品集Ⅱ」
43pt 平野耕太「ドリフターズ」
41pt 森高夕次/アダチケイジ「グラゼニ」
40pt 花沢健吾「アイアムアヒーロー」
37pt 石黒正数「外天楼」
37pt 柳原望「高杉さん家のおべんとう」
32pt 榎屋克優「日々ロック」
28pt 押見修造「惡の華」
27pt 新川直司「四月は君の嘘」
24pt 江口夏実「鬼灯の冷徹」
12pt 森繁拓真「となりの関くん」


個人的に推していた「信長協奏曲」が3位というのは残念ですが、銀の匙がやはり本命視されていたのを考えると順当と言えるでしょうか。

ここに出ているマンガたちは、今年、この先を代表する漫画たちになるでしょうね。もう、なってますか。

最後に嬉しいお知らせです。
マンガ大賞発表後に「となりの関くん」を出しているメディアファクトリーから「最下位、残念フェア」の注文faxが届いていました。今回のノミネートに合わせて、拡材やセット組など色々企画を考えていたのでしょうが、思わぬ最下位に手書きでそう書かれていました。

この潔さ、いいですね。もちろん、最下位と言えどもすごく面白い作品ですし、この作品が切り開いたマンガのツボは今のところ誰も真似できないわけで。もちろんそのフェア、付き合いますともメディアファクトリーさん。


最後の写真はプレゼンテーターとして登場した「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリ。マンガ大賞の影響を誰よりも知っている方です。マンガ大賞の寵児ですね。それにしても饒舌だ。メディアの露出は今後増えるでしょうね、コメンテーターとかで。

c0203277_2071785.jpg

by manga_do | 2012-03-24 20:08 | マンガの潮流 | Comments(0)

漫画家にまつわるあれこれ(マンガ業界の○○な話

c0203277_18473280.jpg

マンガ業界の○○な話

(アスペクト・1,260円)


知られているようで、あまり深く知られていないマンガ業界の裏話を、「都市伝説」「お金」「トラブル」「業界のしくみ」に分けて詳しく解説している。

原稿料は一体いくらなの?というまずありがちな疑問から、原稿紛失事件やパクリ問題等の実際あった実録や、ネットマンガなどの電子化問題まで。様々な漫画業界に関する噂や諸問題に対して真っ向取り組んでいる本です。

漫画業界の内幕なんて笑っていられる内容なこともあったりして・・。その中から面白い漫画が生み出されているんです。面白くない!何て・・・言ってもいいんですよ。
by manga_do | 2012-02-29 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)

AKIRA後の大友克洋画(KABA2)

c0203277_13284981.jpg

KABA2

(大友克洋・講談社・6,825円)


AKIRA完結前後から2011年までのイラスト・カット・設定画を集成
描き下ろし、初公開を含む数百点を収録

●イラストセクションには「AKIRA」「STEAMBOY」を始め漫画・アニメ・CDのカバーやジャケット、「ジロ・デ・イタリア2007」をルポしたロードバイクイラストなどカラーイラスト約80点を収録
●カラー漫画2本立て! 「BATMAN The Third Mask」&「ORBITAL ERA」
●アニメセクションでは「AKIRA」に続く大作として構想された劇場アニメ企画「塔」の設定画を20年ぶりに公開! アニメ「老人Z」「最臭兵器」「GUNDAM : Mission To The Rise」「FREEDOM」「鬼神伝」やTBS・後楽園ゆうえんちTV-CFの設定画・絵コンテを著者解説入りで収録
●特別企画「絵本 大砲の街」一挙32p!
●鎧犬シリーズ、年賀状干支カットなど未公開作品、お蔵出し!(説明文より)

一言で表現するなら、「大友克洋が全て詰まったもの」としか表現できない本です。30×30cmの大型で204ページにもわたって表現されている大友ワールド。そして、イラスト以外でも彼の作品の設定資料集や漫画、CDジャケットなど。とにかく、こんなに作品やら仕事してたのかと驚きの連続ですね。

kaba2があるなら「kaba1」は?というのが気になるところですが、22年前に発行されていて、現在はもちろん廃盤です。AKIRA後だけでなく、AKIRA前も見てみたいですね。再販求むで。


これは大友版バットマン。アメコミです。
c0203277_13535139.jpg


最近は自転車関連のイラストも増えています。それにしても格好いい。
c0203277_13544527.jpg




そして、アートスペース3331 Arts Chiyodaで4/9から開催される「大友克洋GENGA展」。これはかなりの要チェックですね。全貌が明らかになっていないだけにすごく気になります。早く教えて!
c0203277_13584999.jpg

by manga_do | 2012-02-09 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)

この1冊で幻想世界にいざ行かん(ネーミング辞典)

c0203277_11145241.jpg

幻想世界11ヵ国語
ネーミング辞典

(笠倉出版・890円)


使い方は無限大!実用にも創作にも最適のマルチリンガル辞典

英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・ラテン語・ギリシア語・アラビア語・中国語・ポルトガル語 11カ国語 13409単語掲載!

・シュヴァインヴァイプ(ブタ女)
・ベルクライスフェストグートマン(山田良男)
―――ドイツ語にするとこんなに必殺技っぽくなる!

ゲームや創作の名づけからビジネス・実用まで幅広く役立つ、クリエイターから中二病患者まで、架空世界構築必須本!【便利な五十音索引・カタカナ索引付】(説明文より)


「ドジ」は中国語では「シバイ」というそうで、ある意味あたってるなと思わせるわけで。
「海老」はアラビア語で「ロビヤーン」ってあだ名みたいになってしまいます。

何時間読んでも飽きませんね。
by manga_do | 2012-01-27 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)

少女マンガはオシャレだ(まんがファッション)

c0203277_19281391.jpg

まんがファッション
(パイインターナショナル・2,310円)

7人の漫画家が「ファッション」を大いに語る。自身の漫画に登場する「ファッション」からひも解く、流行、好み、信念、そして哲学。マンガに登場する「ファッション」の参考にしているのは?自身の趣味などインタビュー形式ながら、とにかく漫画論、技術論など、今まで語りつくされている部分以外の作品のある意味「核心」が見て取れる貴重な1冊です。

一条ゆかり、安野モヨコ、羽海野チカ、陸奥A子、いくえみ綾、西村しのぶ、水城せとな。誰しもその漫画の登場人物のファッションに憧れた7人の漫画家がここまで語ってくれるかのオンパレードです。

c0203277_19412032.jpg



私は個人的には、昔から西村しのぶ作品のファッションというか、登場人物は全てオシャレで、今見返しても先行きすぎてる最先端だったような感じを受けます。ただただ、オシャレであると。いくえみ綾の男性のファッションの描き方。安野モヨコのファッションと登場人物が両方オシャレを潰し合っていないなど。何かを変えたという意味では大きな存在たちです。

ここには出てきませんが、後半のファッションカタログにその漫画のファッションが登場する「岡崎京子」。彼女はマンガにカジュアルを持ちこんだ先駆者でありますし、マンガの登場人物がファッション誌を読まなくてはという事を当たり前にした存在です。オシャレでかわいくて、格好いい。そんな事誰しも考えなかった所に、彼女のマンガは生まれた。そんなことをまたまた再確認です。

c0203277_1951770.jpg



羽海野チカのバッグコレクションとストールのコレクションも写真掲載されています。一部とはいえ、可愛らしさがニジミ出てあふれてますね、こりゃ。
by manga_do | 2012-01-23 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)

マンガの直木賞(マンガ大賞2012)

c0203277_20554378.jpg

マンガ大賞2012

「マンガの直木賞」を標榜し、マンガ通を自負する書店員が選考する、その年の本当に売れていて、面白い、NO.1マンガを決める「マンガ大賞2012」そのノミネート作品15作品が発表になりました。

過去には
08年「岳」(石塚真一)
09年「ちはやふる」(末次由紀)
10年「テルマエ・ロマエ」(ヤマザキマリ)
11年「3月のライオン」(羽海野チカ)
 がそれぞれ大賞に選ばれています。

そう、皆さんお気づきでしょうか?いずれも名作で、売れに売れた作品ばかりです。この大賞を受賞することはすなわち、大ヒットが約束されているということになります 。しかし、ルールはあります。まず8巻以内しか出ていず、過去1年間に発売されているもの。確かに、そうじゃなければ、過去のマンガが順繰りに受賞したり、某ワンピースなど巻数が多いものが有利になってきます。

それでは、その栄えある15作品を紹介しましょうかね。

・「アイアムアヒーロー」花沢健吾
・「惡の華」押見修造
・「銀の匙 Silver Spoon」荒川弘
・「グラゼニ」森高夕次・アダチケイジ
・「外天楼」石黒正数
・「四月は君の嘘」新川直司
・「昭和元禄 落語心中」雲田はるこ
・「大東京トイボックス」うめ
・「高杉さん家のおべんとう」柳原望
・「となりの関くん」森繁拓真
・「ドリフターズ」平野耕太
・「25時のバカンス 市川春子作品集2」市川春子
・「信長協奏曲」石井あゆみ
・「日々ロック」榎屋克優
・「鬼灯の冷徹」江口夏実


正直、もうすでに売れている作品ばかりですし、どれがとってもおかしくない・・。なんて、そんな話を誰が聞きたいですか?
ココは独断と偏見で大賞を予想しましょうか!

過去の傾向を見ると、大賞受賞時にそれなりというか、かなりの地位、マンガ知名度を築いている作品が選ばれるケースが多いです。「テルマエ・ロマエ」は巻数こそ少ないですが、1巻目の衝撃がすごく、大賞受賞時は納得!でした。漫画界に衝撃ではないですが、知名度も大きな理由になります。

次の傾向は、男女関係なく読者を獲得している作品が選ばれています。書店員の構成ということにもかかわってきたり、昨今のコミックのボーダレス化を大きく反映しています。

最後に、これはとっておきかもしれません。大賞に選ばれた作品は必ずその後売れます。ではなく、元々売れている作品がもっと売れたりするというだけのことかもしれないという可能性です。かなりヒネクレタ視点かもしれませんが、実際、大賞受賞後にその本の帯には「マンガ大賞2012 大賞受賞!」という文字が踊ります。その文字に心動かされるのは半分はお客様で、半分は書店と出版社です。本当の意味で、面白いマンガを見つけたり、「掘り起し」をするという意味では、「マンガの直木賞」は賞の賞でしかないのかもしれません。

それらを踏まえて、私が(勝手に)予想するマンガ大賞2012は

「信長協奏曲」石井あゆみ
c0203277_21511817.gif


これで決まりではないでしょうか。上の条件をすべて満たしていますし、何と言ってもオモシロイ。今後の展開も含めて
「今、黙ってオススメできるマンガ」
ではないでしょうか。歴史物というハードルはありますが、ドラマ性も、設定も、造られた主人公設定でなく、ただ自然体の主人公であるところが高評価ですね。

当て物ではないので、このへんにしておきます。

そうはいっても、今何故かドキドキしているんですね。ノミネート作品が発表になった時が一番ウキウキする瞬間なのでしょうかね。ということで、アセンスアメリカ村店でもこのノミネート作品を一堂に会してフェアも企画しておりますので、お楽しみください、って私だけですかね?

ちなみに大賞発表は3/23です。それまで皆様も自分だけの「大賞」をお探しくださいませ。
 
by manga_do | 2012-01-17 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)