ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

藤田和日郎も来た!!(双亡亭壊すべし)

c0203277_1224576.jpg

双亡亭壊すべし



(藤田和日郎・小学館・429円+税)


震撼のスペクタクル・モダン・ホラー!!

大正時代より、東京・沼半井町に
傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、
名を「双亡亭」。
立ち入った先で闇と出会ってしまったら、
もはや己は己でなくなるだろう。
遺恨を辿る者達はその門戸へと
導かれ、集い、挑む。
おぞましき屋敷を破壊する為に…!!(説明文より)


同時発売で

c0203277_12284410.jpg

読者ハ読ムナ(笑)
: いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか

(藤田和日郎,飯田一史・小学館・741円+税)



<あらすじ>
藤田和日郎が明かす新人漫画家養成術

「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」そして「双亡亭壊すべし」で少年漫画界を熱く走り続ける藤田和日郎。
その仕事場からは数多くの漫画家が巣立った。
今回、藤田和日郎のアシスタントになった架空の新人漫画家が、連載を勝ち取るまでを描く体裁で、藤田氏が自身の漫画創作術、新人漫画家の心構えやコミュニケーション術を語り下ろしました。
藤田和日郎の初代担当者も新人漫画家の担当編集者として登場。 (説明文より)
by manga_do | 2016-07-13 00:00 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< やはり西森世界は面白い(柊様は... 皆川亮二が挑む「新世界」(海王... >>