ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

虎千代の異変(雪花の虎)

c0203277_19442666.jpg

雪花の虎



(ヒバナ連載中)
(東村アキコ・小学館・694円+税)


<あらすじ>
元服、初陣――いよいよ歴史の表舞台へ!

東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、第2集!


天文九年(1540年)、虎千代11歳。
父・為景の隠居後、兄・晴景が長尾家の家督を継ぐと、荒れていた越後の情勢はますます悪化、長尾家は度重なる戦の渦中にいた。
その年の暮れ、虎千代の成長を見届けぬまま、為景が帰らぬ人となる。

愛する父の死に「この城を守るのは自分だ」と覚悟を新たにする虎千代だったが、明けて天文十年(1541年)、彼女の体に異変が起きる。

一方、隣国・甲斐の武田家では、当主・信虎の暴政に家臣たちの我慢も限界に達し、息子・晴信に ある決断を迫るが……

後の上杉謙信と武田信玄。
いまだ相見えぬ終生のライバルの運命は今、大きく動き出そうとしていた――(説明文より)
by manga_do | 2016-02-14 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 2月27日から全国ロードショー... 誤解、7日、必死(終末の天気) >>