ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

空白の時間を埋める「ピース」(北斗の拳究極版)

c0203277_12363870.jpg

c0203277_1237576.jpg

北斗の拳
究極版


(11)(12)

(原哲夫、武論尊・徳間書店・各740円)



<あらすじ>
武論尊×原哲夫による完全新作エピソードを収録!
ラオウとの死闘の後、ケンシロウはいかにしてユリアの死を乗り越えたのか?
そして、黒王号の左目を覆う血染めの包帯の理由とは――?
四半世紀の時を越え「北斗の拳」最後のピースがここに埋まる!

バット、リン率いる北斗の軍と帝都軍の攻防が激しさを増す中、ケンシロウの前に元斗皇拳最強の拳士・金色のファルコが立ち塞がる。
北斗神拳と元斗皇拳―――それぞれが天帝守護の星を持つ者同士が拳を交えた時、天は二つに割れる!
“渡ろう友のために!!他に渡る橋はない!!”(説明文より)
by manga_do | 2014-04-29 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< ダブル盃(土竜の唄) モテテ~(もて介) >>