ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ひとりに見出す価値かな(yeah! おひとりさま)

c0203277_12352996.jpg

yeah! おひとりさま

(新久千映・朝日新聞出版社・756円)



<あらすじ>
「ワカコ酒」で呑兵衛女子を描いた新久千映の自身の「おひとりさま」ぷりを綴ったエッセイコミックです。

おひとりさまにもいろいろなものがあって、インドアなものから、今回の作品のようなおひとり女子が色々なものにチャレンジするものまで、正も負も、陰も陽も、あります。彼女の「チャレンジ」はひとりカラオケに始まり、ひとり映画、ひとり旅、さらにひとりスポーツというのまであります。

ひとりって気楽だよっていう単純なメッセージでなく、ひとりでやったことがないことをやるところの発見、楽しみを普段の倍以上に増幅させる、そこに大きな感動が出てくるというところがよく出ています。

そして、何より彼女の描く絵の可愛さよ。とにかく可愛い。作者自身の心の吐露とよくミックスしているので、作者本人もこういう可愛い人なのでしょうね。結果、一人だから?いやいや、彼女だから楽しくて可愛いんでしょうね。何かチャレンジする秋にもってこいの1冊ですよ。参考にしてください。


c0203277_12461485.jpg




c0203277_12475265.jpg

by manga_do | 2013-09-12 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< みなぎる熱気、響き渡る序歌(ち... 「彼ら」の美学(予告犯) >>