ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

希望の種子か、怪物の卵か?(テンペスト)

c0203277_12225236.jpg

テンペスト



(ITAN連載中)
(阿仁谷ユイジ ・講談社・610円)



<あらすじ>
子宮に宿る“それ”は、何?
西暦3992年、女だけになった地球に生まれ落ちた、たった一人の男。
それは、希望の種子か、怪物の卵か?

<女>の身体に<男>は宿るのか。
2000年間、誕生し得なかった<男>創出のため、冷凍保存精子による授精実験を開始した中央。すべての被験者が着床に失敗する中、唯一<妊娠>に成功したカヤシマに異変が。一方、女性消滅(フィメール・ロスト)を引き起こすサキュバス現象が中央付近で観測され、隔離中の皇がサンプル回収に向かう。男であることを隠し続ける姫と、彼を嫌悪する皇、ふたりの距離が限りなく縮まっていく――!?

男女の混沌を描き出す、鬼才・阿仁谷ユイジが贈る本格SF!!(説明文より)
by manga_do | 2013-06-10 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 八雲と助六篇、核心(昭和元禄落... 自由亜人・サトウ登場(亜人) >>