ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

アメコミ新作2連発(スパイダーマンとバットマン)

c0203277_20412035.jpg

ダークナイト
姿なき恐怖 The New52!


(ポール・ジェンキンス、デイビッド・フィンチ、高木亮・小学館集英社プロダクション・2,100円)


<あらすじ>
邪悪な何かがやって来る……“ダークナイト誌”リニューアル第一号、初邦訳!

DCユニバースの設定を再構築させ、リニューアルさせた“ニュー52”シリーズ。
バットマンのもうひとつの冒険“ダークナイト”誌の“ニュー52”が早くも邦訳化!

監獄アーカム・アサイラムの囚人たちの血管のなかで、禍々しき毒が目覚めた。溢れんばかりの狂気と怪力に酔いしれた彼らが、ゴッサムシティに混沌をもたらす。闇の騎士バットマンはあらゆる手段を使って一般市民を守り、事件の黒幕を突き止めなければならない。トゥーフェイス、スケアクロウ、ベイン、梟の法廷……バットマンは強敵たちの絶え間ない猛攻撃に耐え得ることはできるのか……。超大作映画並みのストーリー展開と超ド迫力のアートに圧倒されること間違いなし! 新シリーズ“ニュー52”世界の始まりでもあるので、『バットマン:梟の法廷』とともにバットマンの入門書にふさわしい一冊です!(説明文より)





それとスパイダーマンの新境地、ブランニューデイシリーズに早くも3巻目が登場しました、それがこちら。


c0203277_2045113.jpg

スパイダーマン
ブランニュー・デイ




(ダン・スロット、ボブ・ゲイル、マルコス・マーティン、マイク・マッコーン、高木亮・小学館集英社プロダクション・1,995円)



<あらすじ>
スパイダーマンを再起動させた“ブランニュー・デイ”シリーズ、最終巻!

スパイダーマンというキャラクターが併せ持つ「コメディ的な要素」と「ドラマチックな要素」を巧みに表現したライター陣が贈る、真のスパイダーマンの物語がここに!

意中の女性メリー・ジェーンが戻ってきた。だが、彼女のハートを射止めたのはスパイダーマンことピーター・パーカーではなかったのだ……。さらに事件は起こった。信じられない容姿をした妖女ペーパードールが次々殺人を犯し、ニューヨークの街が騒然となる。彼女の正体とは? 目的とは? はたしてスパイダーマンは妖女ペーパードールを倒すことができるのか!?
 本作は、スパイダーマンの物語を再スタートさせた“ブランニュー・デイ”シリーズの最終巻となります。時にはコミカルに、時にはシリアスに展開される、コミックのなかのスパイダーマンににも注目してください!(説明文より)
by manga_do | 2013-03-01 00:00 | アメコミが世界一いいいい | Comments(0)
<< 7/4プライズトレジャーブック... 「来栖編」が見えてきた(アイア... >>