ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

武富健治はそういう人(狐筋の一族)

c0203277_13242127.jpg

狐筋の一族

(武富健治・大洋図書・980円)



<あらすじ>
もう一つの武富健治、ここに解禁!!

怪談、都市伝説、秘境、死と暴力・・・
『鈴木先生』以前、もしくは『鈴木先生』と同時並行で執筆された緻密な現場取材に基づく異色の実話漫画! 解説コラムも満載!!
●収録作品●
【第一章】 怪談
現役刑事が見た心霊捜査の実態/霊能力病という病い/稲川淳二が見たロケ地の怪現象/千葉県K市K公園で響く闇夜の雄叫び

【第二章】都市伝説
牛肉食べた幼児に陰毛/童謡に潜む飢饉と人肉食/死んだ夫は誰だったのか?/ふさぎこんだ犬

【第三章】秘境と因習
謎の邪教集団クロの真相/狐筋の一族/おっとい嫁じょ/実在したレイプ村

【第四章】死と暴力
銀総会回顧録/自殺村の真相/死刑囚と獄中結婚/連続射殺魔死刑囚の最期(説明文より)


武富健治の新境地とも言うべき作品です。

連載していたのが「漫画実話ナックルズ」という結構アクの強い雑誌で、それゆえに都市伝説から、悪霊、アンダーグラウンドまで様々な題材で描かれています。ページ数の少ない作品には怖いぐらいの書き込みとセリフがあり、大画面になればそのコワイはより迫力を増します。とにかく怖いです。
by manga_do | 2012-12-18 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< サッカーマンガで面白いのはこれ... 真のエッセイコミックを読みたい... >>