ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

えすとえむの新作は「靴職人」(IPPO)

c0203277_12564817.jpg

IPPO



(ジャンプ改連載中)
(えすとえむ・集英社・590円)



<あらすじ>
「一足30万から」。
一条歩、職業・靴職人。12歳でフィレンツェに渡り、17歳から名門下の靴職人として働いた青年は、22歳の今年、東京にひっそりと店を構えた。その名は“IPPO”。極上を知る青年の店は、安くはない適正価格をとるが、上客、珍客、美しい客……とさまざまな客が訪れる。腕は確か、されど若造。そんな靴職人青年の手仕事ストーリー、はじまりはじまり。(説明文より)
by manga_do | 2012-12-11 00:00 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< 軍師は少年!?(王者の遊戯) 東村アキコの弟の苦悩のグルメ漫... >>