ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

更なる進化!(テラフォーマーズ)

c0203277_10564927.jpg

テラフォーマーズ



(ヤンジャン連載中)
(橘 賢一・貴家 悠・集英社・540円)


<あらすじ>
「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」
『アネックス1号』艦内に突如現れたテラフォーマーたち。その強襲を受け、メンバーたちは6手に別れ、火星に不時着することに。燈、ミッシェルら戦闘員は薬によって発動する新たな特殊能力を引っさげ、更なる進化を遂げた悪魔と対峙の時を迎える!!(説明文より)

火星の惑星改造(テラフォーミング計画)を行うために放たれた「ゴキブリ」のその後を調査するために派遣された探査船「バグズ1号」は凶暴に進化したゴキブリにより全員死亡という悲惨な結果に終わり、その後昆虫の「要素」に改造された人間をメンバーとした「バグズ2号」が派遣されたが、同じく悲惨な結果となった。これが2巻までのあらすじです。

ここまで書くと映画「エイリアン」的なことを繰り返すのかと思いきや、この3巻では「敵」であるゴキブリも更なる進化をし、人類もこれで負けてなるものかと更なる改造を自らに施すのです。そして何よりも、3巻に至っても解明されていない「謎」がこの作品には多すぎるのです。この謎が幾多の伏線を生み、その伏線が更なる面白みの「進化」を遂げてくれる。単なるパニックコミックとは違いすぎる理由がここにあります。


c0203277_1122726.jpg

by manga_do | 2012-11-19 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< あ、表紙が桓騎だ(キングダム) 激突、「四人の滅竜魔導士」(F... >>