ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ニシワキタダシキャラ総出演(あたらしいことわざ絵辞典)

c0203277_12242717.jpg

かんさい味
あたらしいことわざ絵辞典


(ニシワキタダシ/著・早川卓馬/コラム)
(パイインターナショナル・998円)


笑って学んで、かんさい弁も身につく「棚からぼた餅」的な新しい辞典

ことわざをまんがで表現してみたり、昔からあることわざを新しくアレンジしてみたり、はたまた、一から新しいことわざを作ってみたり。
なぜか全編かんさい弁でお届けする、笑ってなごめることわざの本…なんて今までにないアプローチで、「ことわざ」を楽しんでみた1冊。
『かんさい絵ことば辞典』でおなじみのちょけ部長やたぬ吉くんたちが、縦横無尽に「ことわざ」の世界でゆるーく活躍。(説明文より)

「かんさい絵ことば辞典」のニシワキタダシが送る、かんさい弁のキャラクターたちが、私たちの身近な「ことわざ」を新しい視点、否、ニシワキタダシ目線で開拓する全く新しいことわざ辞典です。

c0203277_12313840.jpg


例えばこちら。「棚からぼた餅」をニシワキ流に「改変」すると、「パーカーのフードにあめちゃん」になっちゃいます。なっちゃうんです。そんなシチュエーションがあるのかと言う前に笑いがこみ上げてきて、下のワンポイントを読んでさらに爆笑してしまう、させられてしまうのがニシワキ流。

そして、もう代名詞ともなったニシワキ作品には欠かせないキャラクターたちの数々。今回も今後につながりそうなキャラクターたちが出てきています。

キャラクターだけでなく、このニシワキタダシのストーリーテラーとしての魅力もたっぷり詰まっています。例えば、雑誌が出てくることわざがあるのですが、そこのワンポイントが「応募ハガキを切り取っても、そのページが開きやすいことに変わりはない。」とあります。
ここまでくると笑ってしまいますし、スゴイと唸ってしまいます。ここにこれ載せる?

アセンスアメリカ村店ではこのあたらしいことわざ絵辞典をお買い上げのお客様に特製ブックカバーを差し上げています。とにかくに見に来てや~。
by manga_do | 2012-11-15 00:00 | アセンスアメリカ村店 | Comments(0)
<< 少年期の終わりからヒーローへ(... メビウスが認めた、二人の才能の... >>