ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

メビウスが認めた、二人の才能の結晶(時の鳥を求めて)

c0203277_133956.jpg

時の鳥を求めて

(レジス・ロワゼル/セルジュ・ル・タンドル/原 正人・飛鳥新社・2,940円)


呪われた神ラモールの復活を目前に控えアクバルの地に緊張が走る。魔術女王マラはいにしえの神々の魔術書をひもとき、再びラモールを封印する魔法を発見した。しかし、封印の魔法には長い時間が必要である。残された時間は少ない。マラは愛娘ペリースに、かつて恋人であった老雄ブラゴンと連れ立って、時間を止めることができるという時の鳥を探すよう命じる。まずはラモールを封印するための巻貝を手に入れ、ついで時の鳥の居場所を探さなければならない。老雄ブラゴンは自らの娘でもあるかもしれないペリースと反目しつつも、ラモールの忌まわしき力を手に入れようと立ちはだかる魔術王たちを退けながら、アクバルを救うべく、苦難の旅を続ける…

メビウスやエンキ・ビラルの次世代を担う作家として、80年代バンド・デシネ界に台頭したレジス・ロワゼルの代表作がついに邦訳で登場! アメリカ的なヒロイック・ファンタジーとは異なる新しい規範を提示し、フランスでのヒロイック・ファンタジー人気に火をつけた作品としても高く評価されている。作品誕生秘話と当時のバンド・デシネの状況を語ったロング・インタビューも必読!(説明文より)
by manga_do | 2012-11-14 00:00 | バンドデシネの深み | Comments(0)
<< ニシワキタダシキャラ総出演(あ... 傷つけあうコウと夏芽(溺れるナイフ) >>