ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ガンダムを描く新たなる挑戦者(機動戦士ガンダム サンダーボルト)

c0203277_11493992.jpg

機動戦士ガンダム
サンダーボルト




(スペリオール連載中)
(太田垣康男・小学館・700円)



<あらすじ>
太田垣康男が描く、新しい“一年戦争”!!

人類が、増えすぎた人口を宇宙に移民させることで始まった「宇宙世紀」。そして宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市・サイド3が「ジオン公国」を名乗り、地球連邦政府に対し独立を宣言。戦争を挑んだ。開戦から一年近くが経つ現在、大規模な戦争により破壊されたスペースコロニー(人工の大地)や戦艦の残骸が大量に舞う暗礁宙域・通称“サンダーボルト宙域”では、制宙権を握るジオン公国軍と、奪還を目指す地球連邦軍による激しい戦いが行われていたーーー。
『MOONLIGHT MILE』でリアルな宇宙開発を舞台にロマンを描く太田垣康男が、自らのルーツである『機動戦士ガンダム』に挑戦! 驚愕のメカ描写、太田垣流リアリズムを背景に激突する、蒼き主人公たちの躍動に注目を!! (説明文より)


c0203277_11592036.jpg



第1話から話題独占だった「ガンダム神話に挑むもの」がとうとう1巻目が発売されました!!
「スペりオール」という「ガンダム」とは無縁だった連載誌との兼ね合いも新鮮でしたし、何といっても作者太田垣康男の力の入れ具合と存分に楽しんでいるところがこの作品の大きな魅力でしょう。

同時発売で、太田垣康男が原作をしている
「FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(10・完結)」
(スクウェアエニックス・560円)
も発売しています。こちらは完結なので、終わりと始まりの1日になります。

c0203277_1158518.jpg

by manga_do | 2012-10-30 00:00 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< 諸星大二郎の42年(不熟) さらば、第九(秘密-トップ・シ... >>