ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

井上雄彦の帰還(バガボンド)

c0203277_19432568.jpg

バガボンド

(34)


(モーニング連載中)
(井上雄彦・講談社・590円)



<あらすじ>
人心を惹(ひ)く強さ、しなやかに・・・。
天衣無縫なる水のように、
小次郎(こじろう)、豊前小倉(ぶぜんこくら)に舞う。

心乱れ、強さへの自信、揺らぐ・・・。
天下無双への”我執”(がしゅう)の焔(ほのお)上げ、
武蔵(むさし)、未開の地に立つ。

Special 奇跡の6ページ絵巻 <バガボンド戯画 大放浪三百景>収録!
さらに本編にも新たな描き下ろしを加えた、これまで見たことのない第34巻!(説明文より)


前巻33巻から、なんと2年5ヶ月ぶりに発売される新刊です。

新章開始と再開、とにかく楽しみです。

当時の剣豪はどのような暮らしをしていたのでしょうか?毎日殺し合いに明け暮れたり、日々鍛錬だったわけではありません。剣を鍬に持ち替え大地と格闘したり、日がな笑っている暮らしをしたり、とにかく様々です。その日々の中で、長い人生の中でそう長くもない、己の命を削り合う日々の事を考え、悩み、そんな自分に負けていったりもしていたはずです。殺し合うという非日常の世界からついぞ抜け出せずに死神に魅入られたりもしたはずです。

そして34巻。武蔵や小次郎の目を通して描く人間の業と人間の幸せは、この巻でよりありありと映し出されることになります。この記念すべき「re-birth」をぜひ読んでいただきたいです。
by manga_do | 2012-10-22 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 日々人の現実(宇宙兄弟) 高橋慶太郎の新たなる弾丸(デス... >>