ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

「夏さん」を探しに(夏の手)

c0203277_12574196.jpg

夏の手

(大橋裕之・幻冬舎・1,260円)


<あらすじ>
「もう日本に夏は来ないのかもしれない」「じゃ、夏はどこに行ったの?」「夏さんは常夏の島、ケロ島にいるんだよ」「夏さんがこないと祭りもできないよ」「じゃ、ケロ島に夏さんを探しに行こう!」少年たちの短いようで意外と長い夏の旅の始まりです。


「シティライツ」(現在2巻まで刊行中、11/23に3巻発売予定)で独自の世界観で「マンガ」に新たな息吹を感じさせた大橋裕之が、ある夏の少年たちの冒険を描いています。

他の紹介文では「スタンド・バイ・ミー」という表現がなされていますが、大橋裕之の世界観の方が強すぎて、本当にハラハラして読むことができますよ。何か説明なしに読んでくださいって久しぶりに言える作品です。
by manga_do | 2012-10-08 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 大盛り上がりのバイオハザードの... 日曜マンガ博物館(29)鳥山明... >>