ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ありがとう三歩(岳)

c0203277_1816481.jpg



(18)

(石塚真一・小学館・580円)



<あらすじ>
登山者たちに愛された山岳漫画、遂に完結!

旧友オスカーの率いるエベレスト登山隊とヒマラヤで出会った三歩は、自身の目的であるローツェ単独登攀を目指し、彼らの元を離れた。一方、登山隊は、エベレスト・サウスコルに到着。そこから最後の難所・ヒラリーステップを越え、最終アタックを試みる。ボンベの酸素が少なくなりながらも、なんとか全員ヒラリーステップを越え、山頂に辿り着いた登山隊。しかし、帰路についた彼らに予想外の事態が…。天候悪化に加え、一方通行の山頂付近で他の登山隊と重なり、交通渋滞により待機を余儀なくされる。残りの酸素はなくなり、天候は悪化の一途。必死に下山を試みるが、氷点下の暴風雪がブリザードとなって彼らを襲う。一人、また一人と隊員たちが倒れていく。先頭を行く日本人隊員・小田草介が足を滑らせ、万事休すかと思われた、その時……!!
島崎三歩、彼の決死の救助劇がそこから始まったのだった───

最終巻特典:オリジナル本誌に掲載された最終回のカラーページを、単行本でもカラーページで再現します。(説明文より)


とうとう終わってしまいました。涙涙の最終巻でした。もう連載が終わってしまったと聞いた時に、この日が来るのは覚悟していたのですが、読むとダメですね。三歩にありがとうの言葉しか見つかりません。ここまでの感動を感謝したいですね。そして、これからまたどこかで三歩に出会えることを祈りたいですね。しばし、お別れです。三歩、ありがとう。

c0203277_18261394.gif

by manga_do | 2012-08-31 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< もう10巻目(くるねこ) 土下座再び(どげせんR) >>