ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

TVドラマ化!(ボーイズ・オン・ザ・ラン)

c0203277_18174985.jpg

ボーイズ・オン・ザ・ラン

全10巻

(花沢健吾・小学館・1~7巻各530円、8~9巻各540円、10巻560円)



<あらすじ>
痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。三十路目前、そろそろ選択しようじゃないか、我が人生! 超等身大ダメ男・田西敏行の遅咲き青春ブルース!!

金曜日、池袋の夜、テレクラ。田西敏行は、先ほどの会社の飲み会で、憧れの植村ちはると話せたことの喜びに浸っていた。妄想でしか彼女とSEXできない現実を憂い、テレクラで電話を待っているうちに27歳の誕生日を迎えた田西。残り時間5分、ようやくかかってきた女性と待ち合わせをするが、見ればとんでもない怪物女で…!?(第1話)●本巻の特徴/妄想ばかりのダメ男に訪れた、一世一代の恋愛チャンス! 職場の飲み会で、憧れの後輩・植村ちはると初めて話せた田西。そこからメール交換も始まり、ふたりの仲は徐々に進展していくのだが…!?●その他の登場人物/青山(大手玩具メーカー「マンモス」の勝ち組営業マン)、吉久(田西の同期。彼女あり)(説明文より)

テレビ朝日系にて、7月から放送されることがきまりました。

主役の田西敏行役は関ジャニ∞の丸山隆平、強すぎるヒロイン・花役に平愛梨、田西の憧れであり同僚の植村ちはる役に南明奈のキャスティングです。

この漫画は全10巻ですが、これほど内容が濃くて、色々なものが詰まった10巻はないと思います。ダメサラリーマン田西の成長の記録といってしまうにはあまりにもデカすぎるし、人間が変わっていく過程というには、短すぎる。読み終わったあとに何かが残るなんて考えるより、まずは読んでいただきたい。日本にはこんな全10巻があるんだと高らかに叫べますよ。

「アイ・アム・ア・ヒーロー」の花沢健吾が「いつでも青春、いつでも生きてる」って感じにさせてくれます。映画も素晴らしかったですが、ドラマになって何が伝わってくるか楽しみですね。

c0203277_18492620.jpg

by manga_do | 2012-06-01 00:00 | マンガの潮流 | Comments(0)
<< バットマン新サーガ第一部最終章... グンジョウ終わり(羣青) >>