ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ハラセン再び!(空と原)

c0203277_19205016.jpg

空と原

(中村明日美子・茜新社・780円)


<あらすじ>
原 学(はら まなぶ)、37歳、男子校教師、独身、「生徒には絶対手を出さない」というポリシーを持つ男。3年間の片想いから脱するために訪れたゲイの集まるクラブで若い男に出会う。後に彼は、原が勤める学校の新入生、ソラノだと分かり…??
不器用なオトナ、永遠のアテ馬と呼ばれる原先生に春は来るか!?(説明文より)

中村明日美子の不朽の名作「同級生」「卒業生」シリーズで、シリーズの当て馬であるのに、どこか憎めなく、むしろむちゃくちゃ気になる存在になったハラセンこと原学にスポットを当てたスピンオフ企画本になります。同シリーズ終了後、「原先生をしあわせにしてあげてください」という読者の声が出たそうで、その声にほかの読者も、編集部も、何より中村明日美子自身が大きく賛同したからスタートできた、完成したマンガではないでしょうか。

「取り残された男」のかくも切なき暴れっぷりをご覧くださいませ。

アセンスアメリカ村店では「中村明日美子ウツボラ2巻発売記念複製原画展」を開催しています。ウツボラ2巻との合同企画、「ほぼ同時刊行フェア」もやっていて、ウツボラ2巻と今回の空と原お買い上げのお客様に描き下ろしペーパーを差し上げています。それぞれヴァージョンが違うので、2通りの楽しみ方をしてください。

ちなみに「空と原」ヴァージョンはハラセンとウツボラの溝呂木先生が向き合った「貴重な」ショットです。

c0203277_1955897.jpg

by manga_do | 2012-05-22 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 1976年、独裁政権下の中米ニ... 守護霊と霊能力(ヒトヒトリフタリ) >>