ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

終劇、そして(ぼくらの☆ひかりクラブ)

c0203277_18272552.jpg

ぼくらの☆ひかりクラブ

下巻

(古屋兎丸・太田出版・1,000円)



<あらすじ>
しのびよる悲劇の予兆......。 少年たちの無邪気な青春の日々を描く、傑作『ライチ☆光クラブ』の前日譚!
世界征服という野望に囚われたゼラ。ジャイボの囁きによって、無邪気な少年たちの遊び場だった「ひかりクラブ」はマシン開発のための秘密基地となる。リーダーの座を追われたタミヤの目に再び光が宿るとき、悲劇の幕が上がる――。(説明文より)

4/22(日)夜10時まで、アセンスアメリカ村店で「古屋兎丸☆複製原画展」(入場無料)を開催しています。「ぼくらの☆ひかりクラブ」の複製原画を中心に展示しています。朝10時から夜10時まで営業していますので、お時間がありましたら是非お越しくださいませ。古屋作品も多数取り揃えていますので。
by manga_do | 2012-04-21 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 大友のスベテが見たい(GENGA) 女子会ではなく「ブス会」(だか... >>