ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

18年の開き(MASTERキートン)

c0203277_18405819.jpg

MASTERキートン
完全版



(浦沢直樹・小学館・1,300円)



<あらすじ>
今回の「キートン」は、フォークランド紛争の真相を追った若きメディア王フレッド・レスター(明らかにリチャード・ブランソンがモデルでは?)のボディーガードの依頼を引き受けたキートンの苦闘を描いた「ライオンの騎士」「銀月の騎士」と日本の大学での就職先が見つかりそうなキートンは、午後2時に面接を受けることになった。父・太平の「女性絡み」の怪しい行動に後を付けるが、それが思わぬ展開に。午後2時の面接に間に合います?などなど全12話収録。

今月からMASTERキートンの連載が復活して、完全版共々新たなる盛り上がりを見せています。18年経ってもまだまだ危険な仕事から離れられないキートンですが、キートン自身の人となりは健在だったというところには本当に安心というか、さらなる期待をしてしまいましたね。

だいたいのお話が1話完結という「ビッグコミックスタイル」をとっているので、1話の感情移入がさもそこにいるかの描き方は、「早く次のお話を!」といった中毒症状に陥りますね。

こちらは20年前のキートン

c0203277_19205157.jpg




こちらは現在のキートン。うん、変わりなし。

c0203277_19215082.jpg

by manga_do | 2012-03-31 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 日曜マンガ博物館(3)座敷女 生きる実感(自殺島) >>