ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

分裂編、行ってみよう!(涼宮ハルヒの憂鬱)

c0203277_193296.jpg

涼宮ハルヒの憂鬱

(16)

(谷川流・ツガノガク・角川書店・588円)



<あらすじ>
SOS団の面々も、春を迎えて2年生に「めでたく」進級。「非」公式なSOS団のリクルートを始めたSOS団の面々。古泉が春休み以来ハルヒの「不安定」は危機的な状況にあると告げられるキョン。心当たりはと言っても、中学時代の「友達」と会って、ハルヒに紹介したぐらいかな・・。それじゃん。さらなる急転直下。「分裂編」開幕ッス!!

コミックの方は、もう早くも原作で言う「9巻」めを迎えていて、現在刊行されている10巻「驚愕」にそろそろ迫る勢いです。ですが、この分裂編、多分長いシリーズになると思いますので、まだまだゆっくりコミックで時間をかけて語られると思いますね。

原作文庫、アニメ、そしてコミック。この3つのメディアで「涼宮ハルヒ」シリーズが語られているのですが、このコミック版が最後に出るので、小説版の些細な矛盾を解消してくれていたり、小説やアニメでは時系列の「交換」があったりするのですが、このコミック版はその飛んだりしている時系列をちゃんと直してくれています。

ただし、コミックという性格上、活字を一語一句拾って画にするだけに、巻数もどうしても増えてしまいます。が、それでも結構コマ上では情報を詰め込んでいるきらいがあるので、コミック版の難しさなのではないでしょうか。

分裂編開幕!!なのですが、その前に幽霊騒動を描いた「ワンダリング・シャドウ」があるので、そちらも同時収録です。読み返してみて思い出しました。そして、疾風怒涛の分裂編の開幕です!さあ、ご覧あれ!
by manga_do | 2012-03-22 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 本当の強さとは何か?(3月のラ... 1015日ぶりの新刊(バスタード) >>