ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ニッポン人の驚くべき日常(望遠ニッポン見聞録)

c0203277_2136218.jpg

望遠ニッポン見聞録

(ヤマザキマリ・幻冬舎・1,260円)


<あらすじ>
『テルマエ・ロマエ』の著者による初エッセイ!
お風呂だけじゃない!平たい顔族の驚くべき日常。

「膨大な金を算出し、宮殿や民家は黄金で出来ている。また、ジパングの人々は偶像崇拝者であり外見がよく、礼儀正しいが、人食いの習慣がある」というのは、マルコポーロ『東方見聞録』の日本の記述。「いえいえ日本はそんな変な国じゃなりませんよ」と言いたいところですが、漫画家・ヤマザキマリさんから見た日本は、やっぱりじゅうぶん変だった!イタリア→日本→中東→ポルトガル→シカゴ在住。異国暮らし歴十数年の著者が、近くて遠い愛すべきニッポンの妙を綴る現代版見聞録!
◎ポットン便所のトラウマが生んだお尻洗いつき便器!◎おっぱいだけが巨大化しつづけるオタク漫画!◎ドSな吹き替えが強烈なハリウッド映画!……など
『テルマエ・ロマエ』のルシウス並みに日本に驚き、日本文化を楽しみ、真面目に悩むヤマザキマリ氏の真剣な眼差しが読めば読むほど逆にユーモラス。テルマエファンはもちろん、男性女性老若男女とわず楽しめる1冊です。
イラスト&漫画も満載!!(説明文より)
by manga_do | 2012-03-16 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 明治スイーツ文明開化(アイスク... ネオヲタ漫画が200万部突破(... >>