ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

奇跡の実話(さんてつ)

c0203277_20355944.jpg

さんてつ
日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録


(吉本浩二・新潮社・580円


<あらすじ>
3.11、路線の多くを被災した三陸鉄道、通称「さんてつ」。大地震や津波の被害から、前を向いて立ちむかう鉄道マンたちの姿を、「このマンガがすごい! 2012」No.1の吉本浩二が描く!!

3.11のあの日、岩手県沿岸部を走る三陸鉄道では、路線の多くを被災した。大地震、津波の爪痕が生々しいガレキの中、それでも、さんてつマンたちは、自らの力で立ち上がろうとする……。三陸鉄道関係者、周辺の人々への綿密な取材を元に再構成する震災ドキュメンタリー漫画。「ブラックジャック創作秘話」の異才、吉本浩二が描く真実の人間ドラマの決定版!!(説明文より)

今日で1年。数多過ぎるぐらいの悲しみを生んだ震災より1年が経ちました。あの震災から失ったものが多く、得たものは何なのか、今持って整理がついていません。

でも、人間は立ち止まっては生きてはいけない。そんなことを教えてくれるのが、この奇跡の鉄道、さんてつです。3月11日のわずか5日後に無料で運行を再開し、みんなの足として復活を遂げた。ここで描かれていることや話されていることは全て真実。実話の強さというか、偉大さをマンガを通してリアルに感じられます。

こんなに熱い思いを持った人たちの電車がある。この鉄道に乗ってみたい。人間こそ強く生きられる。読後の偽らざる気持ちです。
by manga_do | 2012-03-11 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< Night Life(真夜中百景) どエライ漫画登場(巨悪学園) >>