ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ゾンビゾンビゾンビぞんび存美(ウォーキング・デッド)

c0203277_11184289.jpg

Walking Dead
ウォーキング・デッド




(ロバート・カークマン・飛鳥新社・3,150円)



<あらすじ>
昏睡から目覚めると文明は崩壊していた。

田舎町の警官リックは、ようやくのことで愛する妻子と再会するが、それは長く過酷な旅の、ほんの序章に過ぎなかった……。

「ゾンビ発生」という極限状況でむき出しになる人間の本質とその中で変容してゆく人間性を克明に描く「ホラー」や「ゾンビもの」というジャンルを超えた正統派ヒューマン・ドラマ。
日本でも2月にはレンタル&セル開始、3月からはシーズン2後半の放送に突入と、盛り上がる一方のTVドラマ『ウォーキング・デッド』。

悪役「総督(カヴァナー)」と女剣士ミショーンが登場し、物語は新たな局面に入る。

≪けっして終わることのないゾンビ映画!≫

どれほどすばらしいゾンビ映画であっても、いつかはエンディングを迎えます。主人公たちはその後どうなったのか。すぐに死なないとしたら、どんな人生を歩むことになるのか。その疑問にすべて答えるのが、原作版『ウォーキング・デッド』です。


≪ドラマ版との違い=ネタばれの心配がほとんどなし!≫

主要登場人物を共有しながらも、原作版とドラマ版では物語の展開が大きく異なります。そのため、片方を先に経験してしまっても、もう一方の魅力が半減するということはありません。むしろ相乗効果により、楽しみは倍増します。(説明文より)


1巻はこちら

c0203277_1124786.jpg

by manga_do | 2012-03-06 00:00 | アメコミが世界一いいいい | Comments(0)
<< 祝、シリーズ通算500回達成! 政治はギャグなのかな?(ラヂヲ... >>