ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

一家全員漫画家(まんがかぞく)

c0203277_1961729.jpg

まんがかぞく



(大島永遠・双葉社・72
0円)



<あらすじ>
『女子高生』の大島永遠の一家は、家族4人が全員漫画家という漫画家ファミリーだった! 父・大島やすいち(『バツ&テリー』)、レディコミ作家の母・川島れいこ、4コマ作家の妹・三島弥生、そして大島永遠。一時代を築いた父の意外な内幕や母娘の壮絶バトル、ゲーム争奪戦と世にも珍しい漫画家一家の笑って泣ける実録コミック!(説明文より)

一家全員漫画家だったら・・。何かネタのようのお話ですが、あの「バツ&テリー」の大島やすいちを始めとして全員漫画家だから、このDNAはかなり濃厚ですね。

漫画家同士の掛け合い漫才のようなお話や作品はあっても、漫画家の素晴らしさや苦悩、〆切に追われる大変さを「家族」同士でできる漫画があったんでしょうかね?〆切厳守という母、絵が下手くそだなという父、父のトーンを拝借する娘。漫画家という一般家庭にとって明らかに非日常の生活、人生スタイルを家族で共有できる。因果な商売と言いながら、漫画家という太くて熱いパイプで繋がっている家族はやはり強いということになりますね。

ちなみにこの作品2巻目なのですが、1巻目がなかったかのように存在が消えているのはなぜでしょうか?出版社にも在庫はないですし。逆に気になりますね。

c0203277_19372745.jpg

by manga_do | 2012-02-22 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 新撰組はまだまだ広がる(アサギロ) 撃った!喰った!美味かった!(... >>