ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

撃った!喰った!美味かった!(山賊ダイアリー)

c0203277_1314273.jpg

山賊ダイアリー



(イブニング連載中)
(岡本健太郎・講談社・570円)



<あらすじ>
カラス食べたことありますか?
猟師、時々、マンガ家。岡本健太郎がつづる狩猟&ジビエ(野生肉)料理日記。

撃った! 喰った! 美味かった!猟具は空気銃(エア・ライフル)と罠。ハンター・岡本が獲物を求めて野山を駆け回る。

●ウサギの唐揚げ
●ハトの焼き鳥
●マムシの姿焼き
●カモの丸焼き
……こんなメニューが登場します。(説明文より)

今から猟師になろうと思っている人も「人生サバイバル」と思っている人も両方に読んでいただきたい。それぐらいの衝撃を味わうことができます。猟師でもある漫画家が、狩猟免許を取り、銃の許可証を取り、実際猟に出かける。動物の解体の仕方、銃の撃ち方、獲物は売ればいくらになるのか、動物の習性は?などなど、文字にすれば、重く受け止められがちな世界を、本当に作者が感じたことを、普通の青年の感覚で描いているので「本当の現実」に感じることができます。

そして、殺したあとに食べ物としていただく感謝の心が描かれていたのが印象的でしたし、その気持ちがこのお話の所々に出ています。本当にリアルです。

c0203277_14274568.jpg

by manga_do | 2012-02-21 00:00 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< 一家全員漫画家(まんがかぞく) オモシロこわい(東京喰種) >>