ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

一気に賞レースの大本命に(信長協奏曲)

c0203277_1254299.jpg

信長協奏曲



(ゲッサン連載中)
(石井あゆみ・小学館・460円)



<あらすじ>
戦国時代にタイムスリップしてしまった高校生サブローは容姿がそっくりな「織田信長」から入れ替わって欲しいと頼まれ、「織田信長」になってしまう。桶狭間の戦い、美濃攻略、上洛とあれよあれよと進んでいく「信長=サブロー」に最大のピンチが訪れるが、なんとか窮地を脱する。ピンチの最大の原因、妹のお市の嫁ぎ先浅井家との戦いが目前に迫る。

高校生がタイムスリップして信長に成り代わる。よくあるネタだと思って読み進めると、このノブナガが歴史に残した足跡は実は現代人の高校生がやったことではないのかと見間違うぐらいに妙な錯覚をおこしてしまう。

歴史との整合性を気にするあまり元々の高校生キャラが薄れてしまったり、高校生キャラを押しすぎても、歴史の重厚感、リアリティが少なくなってしまう。この漫画の素晴らしいのはそのどちらも上手く表現されているところにある。歴史研究はともかく、高校生サブローだったらどう考え、判断し、行動するのかということがすごく考えられて描かれています。

「2012マンガ大賞」にノミネートされている本作。私は大賞確実ではと考えているのですが、ライバルが強力すぎるのが気になります。歴史の好き嫌いに関係なく読める漫画だということを考えれば是非とっていただきたいですね。ガンバレ!

c0203277_13222825.jpg

by manga_do | 2012-02-13 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< マーベルヒーローズがゾンビに!... ママになりました(電氣ぶらんこ) >>