ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ママになりました(電氣ぶらんこ)

c0203277_18401932.jpg

電氣ぶらんこ

(武嶌波・祥伝社・980円)


<あらすじ>
団地に引っ越してきたフキちゃんと旦那の宵田くんは「デキ婚」夫婦。今はまだお腹が少し目立つぐらい。引越しの最中に、電気ポッドの中からフキちゃんの携帯が出てきた。でも、自分のはあるのに・・。画面を見てビックリ。日付が「2年後」になっていた。ある夫婦、いや、ある家族の日常に降ってわいた「少しの不思議」。家族とは?母親とは?大好きな人をもっと愛おしく思えるある家族の何年か。

「素頓狂な花」の武蔦波が家族の始まり、家族の大変さ素晴らしさを、SFチックに、日常の家電を毎話取り入れながら送るお話。

お腹に赤ちゃんができました。産むまでの過程は本当に大変。
子供が産まれました。子育てがこんなに未知の体験で、困惑の毎日で、大変だったなんて。
子供と旦那と私と家族なんだ。子供が泣きやまなくても、生活をしていく大変さだっても、自分が段々怒りっぽくなっても、自分も家族と一緒に成長しているんだ。この何も飾らずそのことを言ってのけるこのマンガに涙が止まりませんでした。

SFや家電。このマンガを語る上での要素は多いんですが、家族を持つ、子供ができる、それらをひっくるめてありがとうと言えるんだ。いや、言うんだとおセンチな気持ちになってしまった読後ですが、早くこのマンガを誰かに読んで欲しい、「面白いから」って言ってる自分の顔は多分ニヤケてるんでしょうね。そんなマンガでした。まとまりが悪いな、今回。

c0203277_19534989.jpg


現在「FEEL YOUNG」で「LOVE DOLLS」を連載中です。そちらも楽しみ。
by manga_do | 2012-02-12 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 一気に賞レースの大本命に(信長... ワンピースのプラモデルが入荷し... >>