ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

紬のつむぎ(てんてんと歩くキモノみち)

c0203277_12421752.jpg

てんてんと歩くキモノみち

(細川貂々・ぶんか社・1,050円)


着物の中でも究極のおしゃれ着とされる「結城紬」。高級品のイメージばかりが先行する結城紬ができあがる工程を知り、生地が持つ独特の質感に触れ、お手軽に楽しむ方法を伝授された著者が、自らその魅力を体感していきます。また、カラーのページでは、結城紬のコーディネートや日本各地の紬などを紹介します。(説明文より)

「ツレがうつになりまして。」の細川貂々が着物の中でも「高値の花」と言われる「結城紬(つむぎ)」をおしゃれに着こなす、身近なものにするにはといったところを、実際の機織りやその歴史を通して、「自分のモノ」にしてしまおうというエッセイコミックです。春夏秋冬、シーン別コーディネート集も収録されています。

c0203277_12552483.jpgc0203277_12553526.jpg
by manga_do | 2012-02-05 00:00 | 本はホント不思議さ~ | Comments(0)
<< 毛利について語ろう(センゴク天正記) 犬、猫、兎のお話(WE3) >>