ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

変化するバットマン(バットマン・ノエル)

c0203277_10595698.gifバットマン・ノエル
(リー・ベルメホ作・高木亮訳・小学館集英社プロダクション・1,890円)


<あらすじ>
慨嘆…混迷…苦悩…
彷徨える闇の騎士の『クリスマス・キャロル』。クリスマス・イブの夜、バットマンに何かが起こる!
異能の絵師、リー・ベルメホ最新刊!

クリスマス・イヴのゴッサムシティから物語ははじまる。 冷酷無慈悲に犯罪と対峙するバットマンは、周囲からは血も涙もない男だと恐れられている。
イヴの夜、バットマンは相棒だったロビンの幻影を見て、過去の自分を振り返っていた。
そして、ある事件を追っていくなかで、彼はキャットウーマン、スーパーマン、ジョーカーの三人と出会い、自分の生き方について自問していくのだが……。
本書は、英国の文豪チャールズ・ディケンズの名作『クリスマス・キャロル』になぞられたバットマン版“クリスマス・キャロル”です。馴染み深いストーリーとともに、新進気鋭のコミック・アーティスト、リー・ベルメホが描く超絶アートをご堪能ください!(説明文より)
by manga_do | 2012-01-16 00:00 | アメコミが世界一いいいい | Comments(0)
<< マンガの直木賞(マンガ大賞2012) 吉田戦車のキャラづかい(伝染る... >>