ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

北海道が育む愛(はしっこの恋)

c0203277_1124371.jpg

はしっこの恋
(町麻衣・祥伝社・980円)


<あらすじ>
北海道のはしっこ(道東?)の酪農家の娘・園美と漁師のテツは、付き合っていながら互いの仕事、北海道特有の雄大さ(色々な意味で)に、中々自分たちの時間を作れないでいた。お互いの家族のちょっとしたトラブルに翻弄されながらも、二人の距離は少しずつ近づいていく。北海道のデカイ大地が織りなす、ラブ&コメディ!ここに開帳!

まずこのマンガを読むにあたって、先に色々予備知識というものが必要になってきます。私自身も、「そうなんだ」「週刊そうなんだ」といった具合に、そこからの弱カルチャーショックに驚かされます。漁師であるテツはお金持ち。北海道の漁師さんは高級食材を捕っている方はすごくお金持ちらしく、高級車やブランド品を持ち、家には息子たち用のプレハブの離れがあったりと、北海道の雄大さにぴったりの豪壮な方が多いらしいです。しかし、そんなテツはそんな豪快な漁師でなく、ただ園美との時間を大事にしたいと思っていて。園美も結婚を意識する。

真の主人公「北海道」がどう作用するかはともかく、この二人の恋の行方が本当に気になります。満ち足りているようで、何かが足らないという自覚の中から生み出される二人の本当の愛は、すごく透き通っていて温かい時間に見えます。ラブコメというフィルターで見てしまうんじゃなくて・・。
by manga_do | 2012-01-13 00:00 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< キョドコ劇場(きみが心に棲みついた) 大事な人を思い浮かべちゃう本(... >>