ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

この「ITAN」コミックがすごい!

c0203277_9472934.jpg

ITAN
イタン


(3,6,9,12月発売コミック季刊誌)
(講談社)


今回の「このマンガがすごい!2012」のオンナ編TOP5になんと2作品もランクインされる快挙を達成したコミック雑誌「ITAN」。創刊準備号の「零号」から現在6号までが刊行(12/22に7号が発売)されていて、2010年3月に創刊からわずか2年足らずでの快挙達成となりました。今年2011年を振り返るにあたって、「ITAN」は外せないというのが、売っている人間の偽らず印象で、何かにひっかかるコミックの「ITAN」率は驚くほど高かったです。

2位にランクインしたのが
c0203277_1052676.jpg

昭和元禄落語心中(1)


5位にランクインしたのが
c0203277_1063123.jpg

地上はポケットの中の庭


いずれも納得のランクインですが、それ以上にこの2作品が上位にランクインしてくるのが、今後のコミック全体のトレンド、底上げにも近い期待感が持てます。この2作品については、違う機会でこのブログで語っていきます。

作品もそうですが、わずか数号でのこの盛り上がりは、コミック雑誌の今後のプロモーションや認知度向上のやり方に大きな変化をもたらすものと思います。ネット上での告知という事だけでなく、作品、レーベルのイメージの作り方が、時代に合わせずに時代に合わせた知らしめ方をしているのが特徴的です。新しいレディースコミックの形なのか?とおもいきや、全方位に向けた漫画メッセージは、自分たちのコンセプトから常にはずれず世間から外れていこう、という主張が感じられます。面白いマンガを提供するのがコミック雑誌のテーマであり、命題ですが、それ以上に今何か大きな流れで、小さなジャンルみたいなものが芽生え始めていると感じます。
by manga_do | 2011-12-18 10:26 | マンガの潮流 | Comments(0)
<< 一番くじ「ジョジョの奇妙な冒険... ゴルフブームのアンチテーゼなのか? >>