ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

キングダム、いざNHKへ

c0203277_1052733.jpg

キングダム
(24)
(ヤングジャンプ連載中)
(原泰久・集英社・540円)


<あらすじ>
趙の二傑、再始動。
趙国宰相・李牧はホウ煖を総大将として燕国へ侵攻。中華には再び不穏な空気が漂う。一方、秦国内では呂不韋が相国へと登りつめ…!?(説明文より)

古代中国にあって、今だ成しえなかった「中華統一」を成し遂げた秦始皇帝の若き姿とその傍らに、名もなき勇者「信」の存在があった・・というお話です。中国が統一されていくうえで、多くの、あまりにも多くの犠牲と血が流れ、そのとてつもない労苦と人間のドラマが描かれています。

二人の主人公がいるといっても過言ではありません。若き勇者「信」と始皇帝になる「政」。お互いはそれぞれの境遇や生きていく過程こそ違えど、「秦国」を統一国家にするという共通の目的に向かってそれぞれ戦っていきます。戦う場は違えど、それぞれの信念、夢、大望をもって向かって行く姿は、とてつもない人々の血が流れる歴史の現場にあって、その臨場感は全コマから伝わってきます。

そのキングダムですが、2012年にNHKでアニメ化されることが決まりました。詳細はまだ発表されていないみたいですが、このとてつもなく大きな世界と人間ドラマが漫画というフィールド以外で、人の心を打つことがあるのかなと思えば素敵なことだと思います。是非楽しみにしたいです。
by manga_do | 2011-11-21 11:05 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< ヒストリエ特製将棋ついてます 隕石の落ちた地「ムーンエッジ」 >>