ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

関根君の恋が本気だ

c0203277_1430151.jpg

関根君の恋

(マンガ・エロティクス・エフ連載中)
(河内遥・太田出版・1,000円)


<あらすじ>
誰が見ても男前で、モテる、仕事ができるサラリーマン関根は、元来の無頓着、鈍感、100%受け身がたたって、自らの意思で何かを起こす、恋なんてもってのほかという人生を歩んできた。そして、自分の行動に何かしら理由を付けていた。そんな、無関心、無頓着な関根君が、自分に自覚がないのが徐々に芽生え始めながらも、手芸屋の娘、サラに恋心を抱く。しかし、30代男で、スーパー受け身で、不憫な人生の関根君にそんなことができるのか?そして、3巻目。サラと二人で出かけたり、距離は短くなっているのに「メールアドレス」が聞けない関根君。サラもそんな関根君に「?」は抱きながらも、ナチュラルに男前な立ち居振る舞い、女性の接し方を見せつける関根君に「気になる」が芽生え始める。こりゃ、長期戦だわ。

今を時めく河内遥の人気シリーズの最新作です。
それにしても関根君、「代わってくれ!!」そう思いたくなるほどの関根君の男前っぷりなのに、関根君は残念ながら自分の中で平行線をたどっている感じでしょうか。

男前の基準というのはどこにあるのか?一概に男前といっても、色々なパターンがあったりして一言では語れませんが、関根君の場合、間違いなく女子の方々が「good」と思ってしまう要素が、ムンムンなのは誰から見ても分かります。なのに色々なタイミングを逃します。天然だから?、我が道を行きすぎてるから?、多様的な頑固者だから?これをしたらという答えがあるわけではないでしょうが、関根君は全て持っています。そう、イケメンです。関根君のような男性に憧れても、そうはそのまま慣れない。それが今わかっている答えでしょうか。

関根君よ、もっと関根流の男前っぷりを我々弱男性に披露しておくれませ。た、頼む!!
by manga_do | 2011-11-11 14:56 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 井上雄彦のquestion a... 今夜はカレーや!は良し >>