ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

サイコよ、いつまでも面白いじゃないか

c0203277_1037688.jpg

多重人格探偵サイコ
(16)
(月刊ヤングエース連載中)
(田島昭宇・大塚英志・角川書店・609円)


<あらすじ>
伊園若女が差し向けたヒットマンをかわし、犬彦とともに虎口を脱した弖虎。笹山からもたらされた「雨宮のスペア」の存在を探し、東京をあとにするが…!?大ヒットサスペンス、いよいよクライマックス!(紹介文より)

サスペンスコミックの大ヒット作の最新刊です。なんと約1年ぶりの発売で、これまでも言われていた「クライマックス」はどうなった?とやきもきされていたかたも多いと思います。

唯一無二な画風、巻数を追うごとにます疑問、矛盾。このサイコは読めば読むほど、はまればはまるほど、読者を迷宮に陥れる不思議な誘惑があります。今回の16巻も、クライマックスに向かっていく過程で、何か後で全く違う結末や話を差し入れられるのではと、ビクビクしながら読んでしまいます。

ところで、お話は変わって、本日11/3は「マンガの日」なのですね。手塚治虫が生誕した日にあたるということで、日本漫画家協会が制定した日なんですね。以前は、イベントやらやっていたのでのですが、最近はあまりそういうことをしなくなりましたね。11/3にコミックの新刊が出るというようなことだったような・・。

レディースデイみたいなもので、こういう日をきっかけにという部分があると思います。11/3は文化の日、ハンカチーフの日、文具の日、レコードの日、お産の日、みかんの日、いいオッサンの日、そしてマンガの日。と、かなり忙しい日ですが、そんなみなさんの1日にマンガを混ぜてみてはいかがですか?
by manga_do | 2011-11-03 10:57 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< センゴク出世街道 ワンピースをテレビで観たい >>