ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

革新的な試み

c0203277_945275.jpg

よいこの黙示録

(イブニング連載)
(青山景・講談社・570円)


<あらすじ>
新米小学校教師、湯島朝子はかごめ小学校4年2組の担任を受け持つことになる。どこから見ても平凡な小学校のあるクラスなのだが、クラスの森ユリカがある「奇跡」を起こしたことによって、クラスの雰囲気が激変してしまう。戸惑う新米教師朝子を尻目に、同じクラスの伊勢崎大介はとんでもないことを朝子に宣言する。「森ユリカを教祖にして、このクラスに宗教を興す」と。小学生ゆえの集団心理、怖れ、祈り、ウワサ、カリスマ。ある平凡な小学生の1クラスを大きく巻き込む事件が今始まる。

先日32歳の若さでこの世を去った、青山景の遺作です。自殺の可能性もあるというからとても残念なお話です。「swweeet」「ストロボライト」「チャイナガール」と色々な方面で活躍していただけに、これから読むことができないのが残念です。

このよいこの黙示録も、日常の学園生活に「宗教」、小学生を教祖に祭り上げてという非日常の要素がふんだんに盛り込まれて、これで青山景の描きたかったことが世に出ないことが惜しい感じがします。この場を借りてご冥福をお祈りいたします。
by manga_do | 2011-10-16 10:25 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< 「零」再び ジョジョの一番くじが来た >>