ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

グラゼニの兆し

c0203277_1219149.png
グラゼニ

(週刊モーニング連載中)
( 森高 夕次、アダチ ケイジ・講談社・580円)


<あらすじ>
年収1800万円と聞いて高いと感じるのは普通の感覚だが、野球選手となれば別。プロ8年目の左投手、凡田の趣味は同じプロ野球選手の年俸を暗記すること。自分より年俸が低い選手にはめっぽう強く、高い選手には弱いという「年俸バカ」。そんな凡田に最大のピンチがおとずれる。今日の対戦バッターは自分の年俸より10倍も上、1億8千万円の選手。自分が10人も雇えるよ~という眩惑に負けずに抑えることができるのか?

1巻発売から、何かとモーニングでは人気が盛り上がってきたり、数日前にネットニュースで取りあげられたりと、ここ最近は赤丸が急上昇しています。現役プロ野球の選手も太鼓判のリアルティ、野球を<体力>だけでなく、<頭脳><モチベーション><プロの世界>という所を克明に描いているなど、今までの野球、スポーツ漫画とは二味ほど違う面白さです。

今回の巻は、「プロの世界」という所にスポットを当てているのも特徴です。プロになっても大成しない人、プロになれるよと言われて、圧倒的な差に呆然とする人。かと思えば、毎日飲み歩いていつ体をケアしているの?と思わせるプロ野球選手。その差というか、様々な道があるということが2巻目でもうすでに描かれています。このマンガ本当に面白くなっていくと思います、ドンドン。
by manga_do | 2011-09-23 12:39 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< ウシジマくんよ、お先に ベルセルクのアニメ映画化楽しみ >>