ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

♪ドラクエ~ワンツ~ス~リ~♫

c0203277_10392490.jpg
ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン
ドラゴンクエストI・II・III 公式ガイドブック

(スクエア・エニックス・1,575円)


ドラゴンクエスト誕生25周年を記念して発売された「Wii」用ソフトの攻略本です。1986年5月に発売された「ドラゴンクエスト」。全てはこのソフトから始まったといっても過言ではありませんね。私も発売前に「ファミ通」の小さな記事を見つけて、「面白そう」「いや、絶対面白い」となけなしの貯金をおろして1本しか入荷していなかった近所のおもちゃ屋さんに買いに行って、テスト前日にもかかわらずドはまりしてしまいました(点数はほぼ赤点)。このおもしろさは加速度的に伝播して、家族、友人、学校と唸りを上げて皆で「復活の呪文」ノートを見せ合ったのを憶えています。

あれから25年。Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと青春ど真ん中のゲームが3本入って「Wii」に戻ってくる。これでテンション高くならない人間はいないでしょう。そんなおり、今回の攻略本が発売されました。「フン、攻略本?」「そんなん全部、ぜ~んぶ憶えてるにきまってるやん」。ページを開く。「?」「あれ、そんなに憶えてない・・・・」25年の年月はかなり残酷に私の幸せの記憶を切り刻んできました。Ⅰの「ロトのよろい」どこやったかな・・。Ⅱって船でてきたけどどうやって手に入れるんやったっけ・・。なんか、すごいアイテム売ってた離れた島ってどのソフトやったけ?結婚すんのって・・・ああⅤか。てな具合でグダグダです。

懐かしさが甦るというよりも、あの時の旅に大人になって旅立てるのかというのが最大の関心ではあります。そして、Ⅰのページ数が以上に薄い。この薄い旅にあれだけ熱狂していたのか。いや、あの始まりがなければ、今の旅もない。そう考えるととても感慨深くなってしまいます。「もう一度、旅に出るか」そう心底思える攻略本ですね。攻略本の暖かさってここからスタートしていたのではないでしょうか。

さあ、皆さん。でかけますか。
by manga_do | 2011-09-19 11:01 | 本はホント不思議さ~ | Comments(0)
<< 岡崎京子の最新作が生まれる 音を奏でるラブストーリー >>