ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ちはやふるそあにめけり

c0203277_19161835.jpg

ちはやふる
14巻
(Be Love連載中)
(末次由紀・講談社・440円)


<あらすじ>
小学6年生の千早が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは、千早のずば抜けた「才能」だった――。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

14巻のあらすじは、負けたら終わりの全国大会団体戦決勝トーナメント。予選ブロックを勝ち上がった千早たち瑞沢高校は、クイーン候補と期待される逢坂恵夢率いる明石第一女子高校と対戦。5人対5人の勝負は、おのおのが全力をぶつけあう死闘となりある者は勝ち、ある者は負けていく――!! 3人勝って団体戦決勝へ駒を進めるのはどっち!?
仲間を信じ、自分を信じ、かるたを信じる 高校かるた選手権全国大会準決勝!!(説明文より)

ますます過熱する、かるた青春漫画の新刊です。しかも、アニメ化の情報付きで。10/4から深夜枠で日テレ系列でするそうです。あの静と動の対比、一瞬の疾走感。上の句のさわりが、スタートのホイッスルに聞こえます。一瞬だけど、それに至るまでの過程が、葛藤とともにクローズアップされ、そして、決着。かるたという伝統の塊なのに、銃の早撃ちに見えてきます。その辺がどこまでアニメで表現できているか楽しみですね。
by manga_do | 2011-09-13 19:32 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 鬼灯の地獄でドS 爆発しない爆弾はない。 >>