ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

歩鳥は今日も晴天なり

c0203277_1010568.jpg

それでも町は廻っている

(ヤングキングアワーズ連載中)
(石黒正数・少年画報社・560円)


<あらすじ>
下町丸子商店街にあるメイド喫茶「シーサイド」には、町の名物高校生が働いている。自らを名探偵と称し、町の厄介ごとや難事件に何でも顔を出す、天然少女なのです。スーパーポジティブで、余計な知識満載で、家族、友達思い。今日も色々なことに顔を突っ込み、小さな出来事を大きくしていきます。

もう、9巻目なのですね。おとぼけ、勘違い高校生歩鳥ちゃんも、巻を追うごとに成長・・・1巻のまんまですね。話の構成、ギミックがより単純になったと思えば、絡ませたり、毎巻違う楽しませ方をしているのが本当に面白いです。壮大な世界観、複雑な人間関係、越えられない壁とかは全くなく、丸子商店街に住む人たちをここまで色々広げていくところは、石黒世界に十分引き込まれているのだと思います。

今回は個人的に大好きな、名犬(確実にタヌキだが)ジョセフィーヌも1話分とってもらっているなど、愛くるしくて憎めない、タ、タヌキ(言っちゃった)の活躍も見られます。
by manga_do | 2011-09-05 10:25 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< バンド・デシネの新しい形 「とんち」はいかが? >>