ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

岸辺露伴グッチへ行く

c0203277_1724659.jpg

岸辺露伴グッチへ行く
(モード雑誌「SPUR」10月号付録・オールカラー16ページ)
(荒木飛呂彦・集英社・790円)


とうとう発売しました。本日発売です。雑誌SPURのスペシャル企画です。年に1度は必ずイタリアに訪れという荒木飛呂彦とブランド創設90周年を迎えたグッチの夢のコラボレーションです。お話は岸辺露伴が祖母のグッチのカバンを携えて、イタリアはフィレンツエンに向かうというところから始まります。

この両者、無い組み合わせと思いきや、荒木飛呂彦のイタリア好きとジョジョシリーズの作中にも露伴がグッチの時計をしている描写があり、これはもう必然といえましょうか。今回の16ページの作品に対して、力の入れようは半端なく、露伴や作中に登場する女性の通訳が着ているのは、もちろんグッチ。荒木飛呂彦がグッチを描けば、美しく、格好良くなって、最後はジョジョに見えてきます。実際のコレクションを作品に取り入れて、それを取り込んでいくあたりは「ザ・ワールド」ですね(時間は止まってないですが)。

さらにさらに今回のSPURには荒木飛呂彦のインタビューもあり、氏のまたまた熱い思いも語ってくれています。

アセンスアメリカ村店はモード雑誌もコミックも売れる本屋です。今回のSPURにはかなりの気合の入りようなので、店のあちらこちらにおいているSPURをお探しください。それと私が作った、他にもジョジョシリーズの知られざる作品を紹介した、発売記念フリーペーパーを作ったので、ご希望の方は持って帰ってやってください。


雑誌のSPURはこんな表紙。
作中に登場する通訳さんです、この方。
c0203277_17243991.jpg

by manga_do | 2011-08-22 17:26 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< コミック背表紙戦争 モテキよカモ~ン >>