ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

旗の威力

c0203277_1749535.jpg

兵馬の旗

(ビッグコミック連載中)
(かわぐちかいじ・小学館・550円)


<あらすじ>
何が正義で、何が悪かが混沌としている時代、幕末。何が正義なのかではなく、何を自分が信じるのか、何を自分は守っていくのかを試されている時代に、友人である2人の男がその波にのまれ、立ち向かっていくお話です。宇津木兵馬は幕府の留学生としてロシアに行き、ロシア人の妻を娶り、子供も授かる。「世界」に出て、家族を持った事により、「江戸時代」で起こっている討幕運動、権力争いに、この先の日本の将来を憂いながらも、自分が日本人であるため、人間であるために、幕府側に身を置きながらも、来るべき新しい日本に思いをはせている。一方、薩摩軍人村田新八郎は欧州留学中に出会った宇津木と戦場で敵味方になり相まみえる。開国、外圧、争い、統一といった流れの中で、心通じ合わせた者同士が刃を交える。

かわぐちかいじの漫画にはよくライバルというものが出てくる。2人に陰と陽、正と負、悪と善、半と丁を背負わせ、物語を進めていく。確かに言える事は、相対的にどちらも悪くなく、その状況や時代がそうさせているといった話の進め方で、その両者が自分を見つけたり、思い悩む様がかぐちかいじの漫画では、大きな共感を得る。太平洋戦争、戦後、高度成長期、現代、それぞれの熱き「時代」を切り取って来たかわぐちかいじの次なる挑む先は「幕末」。主義、主張関係なく、本当に未来の日本を体を張って考え抜いた時代。この時代に白羽の矢が立ったのは当然とも言えます。

今回の1巻に、「旗」が出てきます。日本人同士が争い、殺し合う時に、お互いがその正当性としての大義名分を誇示するもの、それは自分たちが正しいという「旗」です。たかだか旗ですが、人々はその大義名分を信じ、自分や家族、里を守るために、その旗に殉じていきます。その旗の重みは、掲げている人たちよりも、見せつけられる人たちの方が重く、大きく感じます。私はその姑息さや単純さに嫌な気持ちになるときがありますが、このマンガではその両方、その付きまとう意味までも教えてくれています。

長く、そして大河なマンガになると思いますが、歴史の真実、誇張、嘘関係なく、150年前に実際日本で起きていた「日本人である前に、1人の普通の人間たち」が多大の犠牲を払いながら、次の時代、明治という安寧の時代を夢見た人々の物語であるという事が語られています。
by manga_do | 2011-07-31 19:11 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< まだまだ現役 装丁好き集まれ~ >>