ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

あれ、ウダヒマ?

c0203277_12283419.jpg

報道ギャング ABSURD!(アブサード)

(米原秀幸・秋田書店・580円)


<あらすじ>
あの「ウダウダやっているヒマはねえ!」の登場人物、蘭岳四郎とJソンこと松郷勇がコンビを組んで、テレビや新聞に報道されることのない、アンダーグラウンドなネタを求めて報道ビデオジャーナリストをするというお話。しかも、「ウダヒマ」から10~15年後のお話で、Jソンは結婚して、子供が2人いる状態です。さらにJソンは現在失業中。四郎に奴隷のように使われる毎日。そんな彼らが狙うは、闇の中でうごめく真実をさらけ出せない悪の真実。それらを世に暴くことで、高い報酬を得る。彼らの今回の獲物はなんですかい?

「ウダウダやっているヒマはねえ」の読者にはかなりなじみのある二人が主人公とあって、テンションが高くなっているのは私だけではないはずです。学園モノから報道ジャーナリスト、華麗なる転身ですが、前作を全く知らなくても十分楽しめるあたりは、設定のしやすさかなにかでしょうか。タイムシフトも実際の前作の終わった1996年から15年後という設定にしているあたりは、今後も「ウダヒマ」の登場人物が出てくる可能性もありますね。ただ単なる続編でなく、内容も変えて、熱気だけは一緒という一番いい続編ではないでしょうか。

新聞テレビが追えないネタや世に出せないネタなどを追いかけるこういう職業の方は実際存在します。マンガならではのネタから、一人の社会人として、家庭人としての葛藤がJソンから出ているのは、以前の学園モノとは違う15年後の「新しさ」があると思います。


c0203277_1395330.jpg
by manga_do | 2011-07-28 13:10 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< 装丁好き集まれ~ 人か魔か >>