ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

知られざる者たち

c0203277_10173966.jpg

X-MEN:ファーストクラス
(マーベル・小学館集英社プロダクション・2,310円)


40年以上に渡って読み継がれている「X-MEN」シリーズの最新作。今回はX-MENの第1期生である、サイクロップス、アイスマン、ビースト、マーベルガール、エンジェルの5人が、X-MENを立ち上げたときに、その後の大活躍を前に彼らの苦悩を描いたX-MEN草創期のお話です。創立当時だからこそ起こる問題、意外なあの人との関係など、その後のX-MEN全盛期を知る人も、知らない人も大いに盛り上がれる作品になっています。

X-MENの素晴らしいところは、ヒーローものにありがちな勧善懲悪的なお話の進め方だけでなく、悪なる善、善なる悪といった、人間が本来持っている「人間らしさ」に加え、ミュータントである自分たちの「人間」を守ること、「人間」を根絶することに対しての、自身たちの葛藤が毎回テーマに挙げられているところです。何のために戦うのか、何のために傷つくのか。その根源的な問いかけが基本テーマとして流れています。

アメコミは、常に「人」が描かれているところが共感を得ます。人間の表情から紡がれる、答えが1つではなく、多くあるから悩み、苦しみがあるという部分を、セリフ、場面展開でうまく表現しています。日本の漫画ではコマ数が多くなり、それはそれでうまく表現されています。お互いに自分たちのスタンスが違えど、言いたいことを多く盛り込みたいという点では世界共通ですね。

最近出版点数がめっきり少なくなりましたが、アメコミはまだまだ健在ですし、どんどん良作が刊行されています。アセンスアメリカ村店では、入手可能なアメコミは全部販売しておりますので、雰囲気だけでも味わいに来てください。実は隠れた名所なのですよ。
by manga_do | 2011-07-18 10:50 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 野球体幹 ああ、イラスト付いてるよ >>