ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

閑話休題

c0203277_1213235.jpg

機動戦士ガンダム
艦船&航空機 大全集

(アスキーメディアワークス・2,310円)


ガンダムが世に現れて30年以上。壮大な世界観、華やかな登場人物、勇壮なモビルスーツなど、30年たった今でも語り尽くせぬエピソードや、それらを見て感銘を受けた者たちの一言の応酬など、今尚成長し続ける「膨張宇宙」がそこにはあります。

そんなときに現れたのが本書。ガンダムの世界には欠かせない、宇宙船(便宜上そう呼びます)、航空機など、モビルスーツやキャラクターたちを華かに見せるための、いわば脇役。発売されたのは1年前。ガンダム世界をより楽しむために発行された、いわば副読本のような存在と言えば分りやすい、なんてことはない本だった。

しかし、ガンダムの「膨張宇宙」は、そんななんてことのない本、ジャンルにさえも多くの信者を作り続けていたのでした、私も含めて。

c0203277_1257063.jpg
モビルスーツに心ときめかずに、作中に出てくる宇宙船や脇メカばかりをみている「船ボーイ」が雑誌ニュータイプ特別編集の設定資料集を隅々まで読んでいたり、たまに発売されるプラモを大量に作って悦に入っていることなどは、もう20世紀で終いだと思っていました。そんな中、2010年7月。そんな船ボーイたちの最終楽章が1冊の本になったことは、今でもネットニュースにひっかっかてこない(当たり前か)。この本を開いてまた知ったことが、これからも出てくるという幸せ。マッドアングラー隊に沈められて空母が「ヒマラヤ」という名前だったことを思い出させてくれる幸せ。船ボーイたちよ今からでも遅くはない。旅立つベ。

ファーストガンダムからターンエーガンダム、「00」「ユニコーン」などあらゆるガンダムの艦船と航空機などが収録されている本書を、これから、ここから読める幸せ、ぜひ来たれ。

このシリーズ、次は「小物、備品大全集」とかはいかがでしょうか?アムロがヘルメットのバイザーが割れてから貼ったガムテープみたいなやつとかがいっぱいのってる本だとか。む、無理ですか・・。時代が、時代がまだ早すぎますか。では、もうしばし冷凍睡眠でもして待つとしましょう。

c0203277_1312741.jpg
by manga_do | 2011-07-10 13:01 | 本はホント不思議さ~ | Comments(0)
<< 吐く言葉が名言 リアルボンバーマンって >>